HOME>ブログ>赤ちゃんのときの身体の動きと自閉症

mixiチェック

赤ちゃんのときの身体の動きと自閉症

■2014/06/22 赤ちゃんのときの身体の動きと自閉症
こんばんは、臼田です。

海外の研究者が自閉症のお子さんの赤ちゃんの時の映像を調査したところ、通常の運動パターンと異なる身体の動き(例えば非対称なハイハイや座り方など)がみられたという報告があります。

非対称な動き方をするお子さん全てが自閉症ということでは決してないですが、

非対称な身体の動きは、身体が正常な運動が可能であればそれ自体は医学的にあまり重要視されないことも多いですが、それは脳の働き方の左右差の表れということもあります。

そのようなお子様はカイロプラクティックで脳や神経の働きを整えることをおすすめします。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
リガーレ・カイロプラクティック新宿
http://www.ligare-shinjuku.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都新宿区新宿4-1-4 新宿南口ビル6階
TEL:03-3353-8353
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/7LBR
Twitter:http://p.tl/jg8i
mixi:http://p.tl/wx2h
アメブロ:http://p.tl/_o85
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

新着一覧

HOME>ブログ>赤ちゃんのときの身体の動きと自閉症

カテゴリ
アーカイブ
Photos
購読

Return to page top