HOME>ブログ> 体調不良と天気の関わり

  • 2017年5月19日 10:25

はじめまして、研修スタッフの笹谷です。
現在金曜日のみの出勤ですが、お会いすることがあれば気軽にお声掛けください。頭痛.png

みなさんいかがお過ごしでしょうか。
ここのところ夏日があったり、寒い日があったりで体調を崩される方も多いのではないでしょうか。
今日は体調不良と天気の関わりについて書こうと思います。

みなさん、曇っていたり、雨の降っている日には身体が重だるかったり、頭痛がしたり、古傷が痛むなどありませんか?
このようなことはメンタルも関わっているのですが、気圧の変動による身体への影響や自律神経の影響があります。
気圧の変動による身体への影響と言うのは、高気圧(天気の良い日)の時には血管にかかる圧力も高く収縮しているので血液は早く流れます。逆に低気圧(天気の悪い日)の時には血管が遅緩してしまうので血液循環が悪くなってしまう為です。血液循環が悪くなると全身に酸素が行き渡らなくなるので身体がだるかったり、倦怠感があったりするわけです。

自律神経の関わりとしては、天気が良いときには交感神経が優位になり、身体活動が活発になります。逆に天気の悪い時には副交感神経が優位に働くので、身体の不調を感じやすくなります。

そこでカイロプラクティック施術では背骨を中心に自律神経系に働きかけ、筋肉や血流量を整えることでみなさんのより良いライフパフォーマンスのお手伝いを行います。

トラックバック:0

TrackBack URL for this entry
http://www.ligare-shinjuku.com/moty5/mt-tb.cgi/441
Listed below are links to weblogs that reference
体調不良と天気の関わり from ブログ:リガーレ・カイロプラクティック新宿整体院

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

HOME>ブログ> 体調不良と天気の関わり

カテゴリ
アーカイブ
Photos
購読

Return to page top