Home >症例報告> 緊張性頭痛 > | 頭痛 > 2ヶ月前から続く頭の重さ 40代男性 会社員 笹塚在住

40代 男性
頭重感を伴う気分不快。半年前の通勤中に気分が悪くなり電車を降りたことがあった。以前にも同じような経験があったが数分休憩をすると回復していたが、この時はうずくまり回復を待ったが改善なく仕事を休んでいる。症状は3日間続き食欲もなかった。
回復傾向がみられた後に病院を受診して自律神経失調と診断受ける。処方薬飲むも改善なく、漢方も試したが大きな変化がなかった。早朝のジョギングを毎朝始めたところ気分不快が改善してきている。現在の症状は2ヶ月前からの頭重感である。起床時や頭の高さが大きく変動するときには症状が必ず誘発される。脳の問題を心配して病院にて診療受けるも大きな問題なく原因不明。自分で首を押さえて頭の位置をいい位置に修正することで気分不快が改善することが分かった。これを毎日2~3回繰り返している。きりがない事から骨格調整をプロに見てもらいたくリガーレカイロプラクティック新宿を受診。

<初回の状態>
・頭蓋骨が前方位へ
・鎖乳突筋の過緊張
・胸椎の可動性低下=円背
・左の起立筋の過緊張+体幹の右側屈位

<施術後の状態>
ジョギングと施術を継続することで3回目には症状の100%改善したと報告あり。
問題となっていた姿勢も改善傾向にありあす。まだ、身体が右側へ引っ張られれる傾向があるため一月単位のメンテナンスへ移行しています。

担当:横田のコメント

半年前の発作症状と合わせて、自律神経の乱れによる症状が出ていたようです。自律神経とは交感神経と副交感神経の両方の神経が伸びて、多くの臓器を制御をしています。交感神経と副交感神経は、互いに相反する効果を臓器に及ぼしながら、生体システム全体のバランスをとっているものです。背骨の両側には自律神経の束が走っています。体が緊張することが多い環境が長いと背中が硬く丸くなり、自律神経のバランスを崩しやすい環境になります。本症例では交感神経の働きが過剰になりバランスを崩していたようです。運動を取り入れたことに加え、背骨の正しい柔軟性を得られたことにより症状の改善が早くみられました。背中の強張りや、体の不調がある方はご相談ください。

Index of all entries

Home >症例報告> 緊張性頭痛 > | 頭痛 > 2ヶ月前から続く頭の重さ 40代男性 会社員 笹塚在住

ウェブページ


Return to page top