Home >症例報告> 椎間板ヘルニア > | 腰痛 > 椎間板ヘルニアによる右足のしびれ 41歳 男性 会社員 渋谷区西原在住

<初回の状態>
20年前にぎっくり腰になってから慢性的な腰痛があるが、歩けないほどの腰痛はなかった。先日久しぶりにゴルフをしたあとから右足にしびれを感じはじめたため整形外科を受診したところ、画像検査から椎間板ヘルニアと診断され、痛み止めを処方された。牽引とリハビリを行ったが改善はなく、近くの整体院に通うも手応えはあまりなかった。整体以外の治療法を探していたところ、奥様が見つけてくれた国際基準のリガーレ・カイロプラクティック新宿に来院を決めた。


<検査結果>
・腰部屈曲で右足のしびれを誘発
・SLR陽性
・MRIでは第4/第5腰椎に椎間板ヘルニアの所見が確認できる。
・下肢の腱反射に異常はないが、筋力検査は5/5で低下は確認できない。

<施術後の変化>

2ヶ月で計10回の施術を行い、腰痛は7割改善し、右足のしびれはなくなった。


<担当:坂西のコメント>

今回のケースは、画像所見と検査結果より、医師の診断と同じ椎間板ヘルニアによる右足のしびれでした。回復のポイントは、ヘルニアが起こっている部分に負担が掛からないように腰・骨盤・股関節の関節と筋肉を中心にしっかりと調整をしたことと、身体が治りやすくなるよう体質改善をしたことです。具体的には、この方は炭水化物とお菓子が好物だったので少しずつ制限をし、結果的に2ヶ月で4kg体重を落としていただきました。このような糖質の摂り過ぎは血糖値の異常となり、体重増加による負担だけでなく、内側からも身体を治りにくい状態にします。お薬で炎症を抑えるのではなく、大きな問題となっている部分に焦点を当てたケアと生活を続けたことで、この方は良好な結果を得ることができました。言い換えれば、過去の怪我だけでなく日頃の身体の使い方や食生活を含めた結果として、今回の椎間板ヘルニアによる足のしびれが起こったということです。

椎間板ヘルニアや足のしびれでカイロプラクティックや整体をお探しの方は、新宿駅徒歩1分にあるリガーレ・カイロプラクティック新宿へお気軽にお問い合わせください。また横浜院でも症例をご紹介し、ご予約を承っております。

Index of all entries

Home >症例報告> 椎間板ヘルニア > | 腰痛 > 椎間板ヘルニアによる右足のしびれ 41歳 男性 会社員 渋谷区西原在住

ウェブページ


Return to page top