Home >症例報告> 肩の痛み、インピンジメント > | 肩の痛み、四十肩・五十肩 > | 肩の違和感 > 肩の痛みを訴えて来院 42歳 男性 会社員 平和台在住

<初回の状態>

3か月前から痛む右肩の症状を心配になり、整形外科に行くと四十肩と診断された。痛み止め、湿布とリハビリを続けたが改善が見られない。同窓会の時、田舎で整体師になった同級生にその話をすると、きちんと経験のある整体かカイロプラクティックに一度行くと良いと助言された。半信半疑だったが、とにかく良くなりたいので探したところ、勤務先の新宿にあるリガーレカイロプラクティック新宿へ予約した。


<検査結果>

・猫背と両肩が前方へ出ている。
・肩の外転で痛みがあるが、耳の近くまで行くと痛みはなくなる。
・右肩甲上腕リズムのみだれ。
・右肩甲骨の支持性を高めると、肩外転時の痛みはなくなった。

<施術後の変化>

1週間で2回の施術で8割改善し、2週間で2回の施術をすると主訴は消失した。身体が資本ということに気づき、現在は4週間に1度の定期ケアにいらしている。


<担当:坂西のコメント>

今回のケースは、医師が四十肩と診断をされていたケースです。年齢や問診からは四十肩をにおわせますが、初診時の検査結果では違うような印象を持ちました。機能的検査をすると右肩甲骨の支持性を高めることで症状が激減したため、施術のポイントを肩甲骨に絞った。それに合わせて自宅でできる数分間の体操を教えると、この方はお伝えしたことをそのとおり実践し、分からないところはメールで何度かお問い合わせいただきました。必要なことをしっかりと実行し、やり方など分からないところを即質問して軌道修正をしたため、とても良く改善し、またその期間が短かったです。

長い期間痛みがあっても、機能的検査をするととても良い反応を示される方は意外とたくさんいらっしゃいます。肩の痛みでカイロプラクティックや整体をお探しの方は、新宿駅徒歩1分にあるリガーレカイロプラクティック新宿へお気軽にお問い合わせください。また、リガーレ横浜院にも症例はご紹介していますのでご参照ください。

Index of all entries

Home >症例報告> 肩の痛み、インピンジメント > | 肩の痛み、四十肩・五十肩 > | 肩の違和感 > 肩の痛みを訴えて来院 42歳 男性 会社員 平和台在住

ウェブページ


Return to page top