Home >症例報告> 手の痺れ、腕の痺れ、腕の痛み > 左手の痺れが常にあり、整形外科では神経根症といわれた(40代男性)


数ヶ月前から、左手に痺れを感じるようになった。痺れは手のひらや指先に感じ、最初は手全体的な筋肉痛みたいなものがあって、その後から感じ出した。今現在は痺れは常にあり、一日中一定で動作によって悪化することはない。整形外科では頚椎神経根症といわれ、牽引治療を受けてきたが、変化がない。鎮痛薬は痺れや痛みを少し抑える。神経根症の治療にはカイロプラクティックが有効と聞いて、リガーレカイロプラクティックへ来院した。

<初診時状態>

・痺れは小指側のほうが強い

・首の可動域検査や頚椎に負荷をかける検査では、痺れの増強はない

・腕を上げた状態にしてストレッチを加えるような検査をすると、少し痺れが増強する

・肘の内側を押すと、痺れが減少する

<経過>

肩付近と肘での神経圧迫が疑われたので、神経への負担を減らす治療を行った。

1回目は肘への治療中、痺れが一時的に完全消失したが、その後すぐに戻ってしまった。

2回目は肩周りと肘周りを徹底的に整えたところ、痺れが減少。

3回目来院時、薬を数日飲んでいなくても痺れはいつもより軽い状態を保てていた。

4回目来院時、痺れは80%減少。

計7回の治療で、痺れは完全消失。


担当 コメント

頚椎神経根症では、首の可動域検査や首に負荷をかける検査をすると痺れの増強が見られますが、この方の場合それがなく、むしろ肩や肘に負荷をかける検査で痺れの変化があったので、肩や肘に対する治療を行いました。痺れの場合、最初治療効果がでづらい場合がありますが、何回かやっていく中で軽減していきます。

レントゲンやMRIなど画像上神経がつぶされていても、痺れの原因はほかのところにあることは多いです。カイロプラクティックでは、痺れに関係する部分の関節や筋肉に負荷をかけてみて痺れが増悪、もしくは軽減していくかを確認しながら治療を行います。牽引治療で変化がない人は、他の部分に原因がある可能性が高いので、是非ご相談ください。

Index of all entries

Home >症例報告> 手の痺れ、腕の痺れ、腕の痛み > 左手の痺れが常にあり、整形外科では神経根症といわれた(40代男性)

ウェブページ


Return to page top