Home >症例報告> 緊張性頭痛 > | 頭痛 > | 首の痛み > ほぼ毎日頭痛が出て、酷いときは仕事を休むほど辛い。(30代男性)


30代男性が、頭痛に悩まされて来院。以前から肩こりや身体の筋肉の張りは感じていたが、それ以上に頭痛に悩まされており、酷いときは1週間会社を休まなければならないほどだった。
薬を飲んでもあまり効くわけではなく、根本的な治療にはなっていないと感じておらず悩んでいた。
今回、家族(奥さん)が心配してインターネットで検索したところ横浜にカイロプラクティック治療院を見つけて「リガーレ・カイロプラクティック」を紹介した。

<初診時>

・全身(特に首肩から背中にかけて)の張りが強い。
・猫背である。
・通常の姿勢で首が左に傾斜しているように見える。


<経過>

1回目の治療では、少し頭痛が出ていたので緩めにアプローチをして様子を見ることに。

2回目は1週間後に来院してもらい、頭痛の痛みの度合いがやや減少したとのこと。頭痛も出ていなかったので初回よりもアプローチをしっかり行う。

3回目は2週間後で、頭痛の状態は良く頻度が減少し、ほぼ毎日でていた頭痛が1日おきになってきたとのこと。

4回目はさらに2週間後で、運動を楽しめるくらいに改善。

カイロプラクティック治療を2、5~3週間の頻度へ変更し、体調管理を目的としたメンテナンスへ移行。


担当 コメント

この患者さんは、全体の筋肉の張りも強かったのですが、肩甲骨の上部から後頭部へ着いている筋肉と、同じ側の鎖骨から首の横側へついている筋肉が張っているために、筋の緊張による頭痛(筋緊張性頭痛)がおきやすく、また、猫背の姿勢からそれらの筋肉の緊張がおきやすく、頭痛が出やすい状態になっていました。

そのため、姿勢の改善をアドバイスし、それらの筋肉の緊張が起き難くするようにと、首の関節のゆがみを調節することで筋肉の動きの負担を減らすようにアプローチしました。

頭痛は、薬で痛みを抑えることも重要ですが再発の予防にも努めることで、日常生活への影響を抑え、仕事を含めた日常生活の質(QOL)を向上することができるケースも少なくありません。

趣味の運動も我慢してしまうような状態まで症状が強くなる前に、カイロプラクティック治療を試してみるのも改善方法のひとつではないでしょうか、1度ご相談ください。

Index of all entries

Home >症例報告> 緊張性頭痛 > | 頭痛 > | 首の痛み > ほぼ毎日頭痛が出て、酷いときは仕事を休むほど辛い。(30代男性)

ウェブページ


Return to page top