Home >症例報告> 寝違え・首の筋違え > | 首の痛み、首のコリ、肩こり > 寝違えた。痛みのため首を動かしにくい。(30代男性)


先週、朝起きたら首に痛みがあり、寝違えたようだった。以前にも寝違えは時々起こしたことがあり、今回も数日たてば痛みは治まると思っていたが、なかなか痛みが引かず、このまま症状が続くのではないかと不安があったので、インターネットで検索して「リガーレ・カイロプラクティック新宿」に来院した。

<初診時>

・痛みのため、首の動きが全体的に少ない。
・特に上を向くときが辛い。
・自分の力を使わずに他人の手で頭を支えるようにして動かすと痛みは少ない。


<経過>

1回目の治療で全体的な首の動きは改善。痛みも減少した。

2回目の治療(3日後)では上を向く動作は痛み無くできるようになった。姿勢のアドバイスをして、1ヶ月に1回の治療(再発予防のメンテナンス)をしていくことに。

担当 コメント

もともと寝違えを繰り返す癖のような状態になっていました。筋肉の緊張だけではなく、関節のゆがみが慢性的に首の筋肉の疲労と、寝違えを繰り返す状態にしていたと考えられたので、関節のゆがみをとるようにカイロプラクティック治療を行ったところ、可動域(関節の動く範囲)が改善され、それにより緊張していた筋肉もややスムーズに動くようになりました。

すでに傷んでいた筋肉が回復できるまで時間がかかるので、1度で完全に痛みと動きが回復できるわけではありませんが、2回目の治療時には大分良い状態になっており、可動域も改善され、痛みも消失していたため、メンテナンスとして一月に1回のカイロプラクティック治療により再発予防に努めることになりました。

Index of all entries

Home >症例報告> 寝違え・首の筋違え > | 首の痛み、首のコリ、肩こり > 寝違えた。痛みのため首を動かしにくい。(30代男性)

ウェブページ


Return to page top