Home >症例報告> 手の痺れ、腕の痺れ、腕の痛み > | 肩の痛み、インピンジメント > | 肩の痛み、四十肩・五十肩 > | 首の痛み > 連休最後の日から右肩に激痛(30代妊婦)


30代デスクワークの妊婦さんが連休中に読書を続けた後、連休の最終日から右肩に痺れを感じ、
翌日から右肩に激痛が走り、歩く振動でも痛みを感じるまでになってしまった。
痛みの為、仕事もできず、日常生活もつらいので、以前かかっていたリガーレカイロプラクティック新宿に久々に来院。


<初回来院時の状態>
右起立筋、肩甲挙筋が過緊張をおこしている。
首も痛みの為、動かすことが困難。


<経過>
初回:
右肩甲骨、鎖骨周辺部の筋群が過剰な緊張を起こしているので、干渉波を用いて、筋肉・関節の可動性を確保しながら関節運動を行った。

頚椎と肋横突関節ののモビリーゼションを行うと主訴である肩の痛みが半減した。
姿勢とストレッチのアドバイスをして、一時的に痛みが強くなる可能性があることを説明して施術を終了。



2回目(7日後)
施術した後は一度痛みが強くなったが、施術3日後には強い痛みが引いた。

背骨の矯正に加えて、肩関節の施術を行い、家での肩ストレッチをアドバイスした。
施術後は肩が軽くなった。



3回目(7日後)
若干の肩こり、腰痛はあるものの、主訴の肩の痛みはほとんど気にならなくなった。
メンテナンスの施術に移行した。


<担当 コメント>
もともと、肩こり、腰痛がある方でしたが、
連休中に長時間不良姿勢での読書で肩甲骨周囲の筋肉が過緊張を起こしていました。


1回目の施術後は肩の可動性は上がりましたが、過緊張している筋肉に収縮の動きを促進したことで、施術後数日は痛みが強くでました。肩の強い痛みの患者さんには少なくない反応なので、事前にお伝えして、ご本人も我慢して乗り切れた様です。

今回の方は症状が出てからの期間は比較的短かく、また短期間に施術を続けて行った結果、早く症状が改善しました。妊婦さんはホルモンのバランスや体型の変化がある為、筋骨格の問題がでることが多いようです。

妊婦さんの諸症状でお悩みの方は、一度カイロプラクターにも診てもらうことをお勧めします。


Index of all entries

Home >症例報告> 手の痺れ、腕の痺れ、腕の痛み > | 肩の痛み、インピンジメント > | 肩の痛み、四十肩・五十肩 > | 首の痛み > 連休最後の日から右肩に激痛(30代妊婦)

ウェブページ


Return to page top