Home >症例報告> 肩こり > | 肩の違和感 > | 顎の痛み > | 首の痛み > | 首の痛み、首のコリ、肩こり > | 首の障害 > チック症にともなう肩こり 14才男性 新宿区在住


<概要>
チックに伴う肩こりと身体の硬さをなんとかしたいと母同伴にて来院。
顎と頚椎周辺の筋肉が運動性チックにより過剰に疲労している。

<初診時状態>
・顎と頚椎周辺の筋肉が運動性チックにより過剰に疲労している
・立位姿勢で左肩挙上位で体幹が右側へ傾斜している
・臥位時:左つま先が大きく外旋位・左の板状筋ハンプ状に右に対して筋肉が高く丘になっている
・問診、検査中も含め顎を動かす動作や頭を左に倒すような運動性チックがみられる
・身体が硬くスクワットでお尻を床まで下げれない。

<経過>
チックは特に左の肩と左の首をすくめる様な運動が多くみられた。そのため、左板状筋を含む後頭下筋群が過剰に緊張して隆起していた。
頚椎と背中から脊柱の調整を行った。
1回目の施術後、身体の傾きや歪みが軽減している。左の後頭下筋の張りは残るがピクピクと痙攣していた反応が軽減している。
現在、週1回のペースで4回の施術を行っている。チックの頻度が少なくなってきていると本人も身体の変化を自覚している。

<担当 コメント>

今回の症例はチックにともなう症状にてお困りでした。
チック症は正確な原因は分かってはいません。一部の説においては大脳にある大脳基底核におけるドーパミン系神経が過剰に活動することで発症されるといわれています。また、精神的ストレスが症状を悪化させてしまうこともあるため、環境要因が影響するとも考えられています。
カイロプラクティックでは脊柱を介して自律神経の働きを調整します。神経の働きが過剰になっているときには筋肉や関節の動きも共に制限されやすいです。身体が硬く縮こまっていては身体のストレスは解消されず神経のバランスを崩しやすい状態になります。
今回は脊柱をかいして身体のストレスを取っていくようにアプローチしていきました。現在は過剰な緊張も軽減しており良い経過を歩んでいます。
肩こりや身体のストレスを抱えている方はカイロプラクティックメンテナンスが非常に有効です。いつでもご相談下さい。

トラックバック:0

TrackBack URL for this entry
http://www.ligare-shinjuku.com/moty5/mt-tb.cgi/446
Listed below are links to weblogs that reference
チック症にともなう肩こり 14才男性 新宿区在住 from 新宿整体リガーレ・カイロプラクティックの症例集。東京・新宿駅徒歩2分

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home >症例報告> 肩こり > | 肩の違和感 > | 顎の痛み > | 首の痛み > | 首の痛み、首のコリ、肩こり > | 首の障害 > チック症にともなう肩こり 14才男性 新宿区在住

ウェブページ


Return to page top