Home >症例報告> 腰痛 > | 産後の腰痛・骨盤矯正 > | 妊娠時,妊娠中の腰痛・股関節痛 > 産後2ヶ月、体の傾きによる腰の張りと歩きにくさを感じる 30代女性


< 概要 >
2ヶ月前に自然分娩にて初産。座っていると左側に傾くような感覚を2週間前から自覚する。姿勢の歪みからか、腰の張りを伴い歩きにくいことがある


<初診時状態>
・特に骨盤の傾きが強く、腰椎が弯曲している
・左の短下肢 1㎝強
・右の内転筋、右膝内側面が張っている。時々右膝に痛みもある

<経過>
骨盤の歪みを取るように調整すると、短下肢等のバランスは直ぐに改善の傾向がみられました。
初回施術の1週間後に再度施術。骨盤の歪みが再発している。筋力低下から修正後の改善姿勢をキープすることが苦手になっていました。
ストレッチとトレーニングをセルフケアとして指導。
歪みも軽減してきており、歩きにくい感じはなくなってきている。現在、自覚症状はなく骨盤や体幹の歪み改善を継続中。

<担当コメント>

腰椎骨盤の傾きが強く、体幹のバランスが崩れていました。この崩れた状態を脳が覚えてしまい筋肉・関節の機能異常を起こしていました。不良姿勢が身体の記憶として残ると、正しい使い方への再教育に時間が必要になることがあります。また産後のお母さんは、骨盤の歪みと緩んだ状態が混在していることが多くあります。混在型は単純に運動やトレーニングを頑張っても症状の改善しないケースがあります。産後の症状でお悩みの方は一度、ご相談下さい。

トラックバック:0

TrackBack URL for this entry
http://www.ligare-shinjuku.com/moty5/mt-tb.cgi/448
Listed below are links to weblogs that reference
産後2ヶ月、体の傾きによる腰の張りと歩きにくさを感じる 30代女性 from 新宿整体リガーレ・カイロプラクティックの症例集。東京・新宿駅徒歩2分

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home >症例報告> 腰痛 > | 産後の腰痛・骨盤矯正 > | 妊娠時,妊娠中の腰痛・股関節痛 > 産後2ヶ月、体の傾きによる腰の張りと歩きにくさを感じる 30代女性

ウェブページ


Return to page top