Home >症例報告> グラストン・テクニック

新宿・整体、カイロプラクティック 運動時の様々な症状

スポーツ障害、運動時の様々な症状に

カイロプラクティックは運動時の症状改善に効果的です。また、背骨のケアは障害の予防とパフォーマンスの向上には不可欠と考えています。

グラストン・テクニックについて

グラストンテクニックとは、身体の形状に合わせて作られた特殊な器具(インスティルメント)を使用して行う治療で、プロスポーツ・アマチュアスポーツ選手、ダンサーや演奏者をはじめとして様々な筋肉の痛みや症状の改善に使われ、筋・筋膜の癒着にすばらしい効果を発揮します。日本ではまだ一般的には知られていない治療ですが、アメリカでは、カイロプラクター、アスレチックトレーナー、理学療法士の間では欠かせない治療法となっています。

グラストンテクニックは日本ではまだ100人程(2012年1月時点)の施術者しか使用しておりませんが、国際的には、アスレチックトレーナー, カイロプラクター, ハンドセラピスト, 作業療法士, 理学療法士などの施術者10000人以上により世界中に広まっている治療法です。また160以上のプロ及びアマチュアスポーツ協会により利用されており,38の著名カレッジ及び総合大学のカリキュラムに入っています。
グラストンテクニックは,元々アスリートにより開発され,カイロプラクター、アスレティックトレーナー等により工夫され現在に至りました。特にアスリートが日々抱える、急性及び慢性軟部組織損傷に対する効果的な治療が可能なのです。

専用器具の説明(インストゥルメント)

gurasuton.jpg

曲線エッジを持つ特許製品グラストンテクニック®インストゥルメントは、その凹凸の形状を相まって体の様々な部位の形にピタッと沿う。この形状デザインは、術者の最小限の力で最大限の組織貫通性を実現します。 グラストンテクニック®インストゥルメントは、ちょうど音叉のようにクリニシャンの手に響きを伝え癒着と可動制限の特定を促し、それらの正確な治療を可能にします。インストゥルメントの金属面は、指の脂肪パッドと違い圧縮されないのでより深い可動制限にも届き治療できます。インストゥルメントの特性は、聴診器が例えに引用されます。聴診器が人の耳で聞こえるものを増幅するように、インストゥルメントは人の指が感じるものを増幅します。

筋膜の癒着について

全身の筋肉は「膜」で包まれています。この膜は「筋膜」と呼ばれます。筋膜は日常のカラダの使い方によって、隣接する筋肉、靭帯、関節包、内臓等を覆っている「膜」に付着してしまうことがあります。この状態を「筋膜癒着=Fuzz(ファズ)」と表現します。

fuzz.jpg

白い糸状の繊維が癒着繊維です。「筋膜の癒着」は、夜寝ている間やじっと同じ姿勢でいる時に作られています。朝起きた時や長時間座っていた後に背伸びをしたくなる行為は、筋膜の癒着を取り除こうと無意識のうちに行っている行為であると考えられています。昨日今日にできた癒着なら伸びやストレッチ等の身体を動かすことで解消できます。しかし、怪我で痛いところや関節の可動制限があると筋肉を十分に動かすことが出来ずに筋膜の癒着が積み重なっていきます。この蓄積は自然治癒力をもってしても解消できません。あなたを慢性的に悩ます症状も筋膜の癒着が原因かもしれません。

適応症

    1. むち打ち症(後遺症)
    2. 頚椎捻挫/挫傷(頚部痛)
    3. 腰部捻挫/挫傷(腰痛)
    4. 肩回旋腱板炎
    5. 回旋腱板症(肩関節痛)
    6. 手腱鞘炎
    7. 手根管症候群(手首痛)
    8. 外側上顆炎(テニス肘)
    9. 内側上顆炎(ゴルフ肘)
    10. 膝蓋大腿症候群
    11. 足底腱膜炎(足裏痛)
    12. 過労性脛部痛(シンスプリント)
    13. 膝蓋大腿障害(膝痛)
    1. 足関節捻挫
    2. 股関節痛
    3. 腸脛靭帯炎
    4. ハムストリング挫傷
    5. アキレス腱炎
    6. 線維筋痛症
    7. 瘢痕組織
    8. トリガーポイント
    9. 癒着性関節包炎
    10. 傷跡痛
    11. その他手術後の関節拘縮
    12. 癒着性関節機能不全など
運動時の様々な症状に関する症例報告ページはこちらへ

ご予約フォームはこちら



関連記事

Home >症例報告> グラストン・テクニック



Return to page top