Home

脊柱管狭窄症とカイロプラクティック

脊柱管狭窄症に悩む方へ

中高年以降で下半身の痛みや痺れのある方が病院にいくと、脊柱管狭窄症と診断されることが意外と多いです。病院での治療は安静・薬・運動・ストレッチなどで経過観察か、最終手段として手術になります。


薬で改善する人は良いのですが、もしそうでなければ「この症状とうまく付き合っていく」か「手術する」かと言われるでしょう。しかし、脊柱管狭窄症と付き合うと言っても5分も歩けない、台所仕事が辛いなど日常生活に大きな支障が出てしまうことがほとんどです。

このサイトがお役に立てる方

ここでは、脊柱管狭窄症に関する科学的な情報を提供すると同時に、同じ脊柱管狭窄症で苦しんでいる仲間と協力して集めた「手術前に知っておきたいこと」をお伝えしていきます。


・脊柱管狭窄症の最新情報がほしい!
最後の更新から10年以上も経っている情報ではない、生きた情報が知りたい

・根拠がある情報がほしい!
多くの専門家が説明していますが、その根拠が明示されていない事が多い

・調べる時間を短くしたい!
ネットサーフィンする時間を減らしたい

・海外の研究結果を知りたい!
英語が読めない

Index of all entries

Home

Return to page top