Home> symptoms > 股関節痛

症状別解説:頭痛

股関節の痛みでお悩みの方

股関節は頑丈な造りをしており、上半身の重みを支えるとても重要な部分です。ぜひ一度カイロプラクティック治療を受けてみてはいかがでしょうか。

股関節の痛みについて


股関節痛(足の付け根の痛み)

股関節は球関節という構造で、頑丈さに加えて大きな可動域を持ちます。靭帯という関節を支える組織が発達しており、とても強い関節だといえるでしょう。


股関節付近に痛みが起こる場合、主に次のことが考えられます。

①股関節の関節内での痛み

股関節に過度な圧迫力がかかることで、股関節に痛みが起こります。これが起こる原因としては

・事故や怪我などで関節に無理な力がかかったとき

・左右どちらかの足に重心をのせるクセがある

・骨盤などの異常により、バランスが悪くなり股関節に無理がかかっている

・足首や膝などの痛みをかばっていた結果、股関節に負担がかかる

・先天的に股関節に異常を持っている(先天性股関節脱臼など)

などがあります。

②股関節周囲の筋肉の痛み

股関節周囲の筋肉の緊張で、股関節付近に痛みを感じることがあります。特に多いのは

・大腰筋(腰と股関節を結ぶ筋肉)の過緊張

・恥骨筋(恥骨と股関節を結ぶ筋肉)の過緊張

・大腿筋膜張筋(股関節の外側にある筋肉)の過緊張

などです。サッカー選手に多く見られる、グロインペイン症候群もこれらの筋肉の緊張が関わっていることが多く見られます。

③変形性股関節症

股関節への圧迫や摩擦が長期にわたると、股関節が変形し変形性股関節症という状態になります。主に中高齢者に起こるものです。先天性の股関節の疾患を持っているとなりやすいといわれています。股関節に体重がかかったり動かすときに痛みが起こり、ひどい場合だと関節がこわばる感じも出てきます。

④関連痛

骨盤や腰椎の痛みが、股関節付近まで広がるように痛みを起こすことがあります。この場合、問題となっている骨盤や腰椎を治療していくと、股関節周囲の痛みも軽減していきます。


リガーレカイロプラクティックでは・・・

股関節付近の痛みの場合、様々な原因が考えられます。多くの場合骨盤・腰椎・股関節のバランスが崩れ、筋肉のアンバランスが見られます。股関節の動きは骨盤や腰椎、膝などと関連性が高く、生体力学的に負担をかけている要因を探していくことが重要です。関節の可動性をしっかりとつけると同時に、筋肉のアンバランスを整えることで、痛みは軽減していきます。

ご予約フォームはこちら


Home> symptoms > 股関節痛


Return to page top