メニュー
ご予約
地図

くしゃみをすると肩甲骨内側にひびく(40代女性)

40代デスクワークの女性が1週間前から肩甲骨内側に張りがあって肩を後ろに引くと痛みがあります。
くしゃみをするとひびく感じがあります、仕事に支障があったので、なんとかしたいと思い、同僚の紹介でリガーレカイロプラクティック新宿に来院しました。
仕事の姿勢で首の筋肉のハリ、コメカミの痛み、目の奥の重さがあります。

初回の状態

デスクワーク特有の前かがみ姿勢をしており、肩の可動域がとても悪く、大胸筋の緊張も強い状況でした。 肋骨の可動性が低下していており、背骨の胸部分の後弯が減少傾向で、股関節は硬く、腸腰筋の緊張がとても強い傾向がみられました。

施術後の変化

初回時に肩関節周囲の緊張が強いため、関節の動きをつけて、筋肉の緊張状態を緩和させ、 前傾姿勢を改善させる施術を行いました。 肋骨の可動制限があっため、肋骨への矯正を行い、股関節への緩和操作も一緒に行いました。施術後、クシャミでの痛みは消失し、肩の動きが軽くなりました。 1回目の施術後は、肩甲骨内側の痛みが減って、そこまで気にせず仕事に取り組めたそうです。 股関節は、週の終わり頃からやや緊張が戻ってきており、 継続して、肩、股関節、骨盤への矯正および、筋肉の緩和操作を行いました。 施術後は身体が軽くなり、可動域も上がりました。家でのストレッチをアドバイスして施術を終了としました。 2週間後 背骨、肋骨、骨盤の矯正を行い、肩甲骨内側の痛みはなくなったものの、たまに違和感を感じることがあるレベルであった為、 主訴への施術を終了し、メンテナンス施術へと移行しました。

施術計画

担当者からのコメント

デスクワークの時間が長く、無意識に背中が丸くなりやすいクライアントさんでしたが、 家でのストレッチをしっかり続けて頂いたこともあり、症状が改善していく時間が比較的短いケースです。 姿勢の歪みは仕事中のクセが取れれば、早く良くなります。 肩甲骨周囲の症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら