メニュー
ご予約
地図

ゴルフ時の肘の痛み

最近、長時間のゴルフをすると右肘に痛みが出てくるというお悩みで来院されました。 短時間の打ちっぱなし等ではあまり感じられないけれど、ラウンドをまわる時に後くらいから肘が痛くて打てないことがあったそうです。3年前にゴルフを始めてから、このような痛みが出るのは初めてとの事で今回来院されました。

初回の状態

肘の曲げ伸ばしの時には特に痛みは感じないが、肘が完全に伸びない状態です。 前腕の筋肉の筋力低下と過度の緊張がみられました。肩関節や手首の関節の動きにも可動域の制限がみられ、首を傾けるくせがあります。

施術後の変化

初回 背骨の首、胸、骨盤矯正を行いました。首を傾けるクセがあって首と肩にかけても調整していき肘に関わる筋肉を緩めていきました。 2回目(1週間後) 背骨の矯正に加え関節の可動域をつける施術を行い、筋肉に対して緩め作業・ストレッチを行いました。 3回目(1週間後) 肩・肘・手首の調整を行い、ご自身で出来るストレッチのアドバイスを行っていきました。

施術計画

担当者からのコメント

右の肘から手首にかけての筋肉が過度に緊張していた為、筋肉に負荷がかかるたび筋肉が付いている肘に痛みを感じていたようです。普段から前腕(肘から手首)の筋肉への負荷が多く、特にケアはしていなかったようです。初回の施術で肘が今までうまく動かせていなかったことを実感。2回目にはだいぶ肘・手首にも変化が出てきました。もともと肘の完全に伸ばす動きがあが出来なかった可能性もあり、腕の筋肉の緊張やバランスが崩れやすくなっています。定期的にメンテナンスすることにより、再発を防止またパフォーマンスの向上につなげていけるといいですね。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら