メニュー
ご予約
地図

トイレの立ち上がリで起きたギックリ腰(40代男性)

会社員40代の男性がデスクワーク数ヶ月の間、仕事が急に忙しくなり、座り続ける事が多くなり来院されました。
日頃から椅子からの立ち上がりの際に腰が伸びにくく、鈍痛を感じており、疲れが溜まっているきたのかなと思う程度で仕事の忙しさであまり体の休養をとることができなかったそうです。
ある日、突然仕事中にトイレに行き、立ち上がろうとした途端、腰に激痛が走り体が前に曲がったまま、それ以上体を伸ばす事も曲げることもできなくなってしまった言って来院されました。

初回の状態

姿勢が前に倒れ、痛みをかばう姿勢で慎重に足を運ぶような歩き方をされていました。 痛みの為、腰が動かしづらい状態で、姿勢自体が前に傾き、背中が猫背になっている状態になり、腰のあたりを後に傾けている状態でした。

施術後の変化

腰を支える筋肉が過緊張し、その筋肉を使う体の作用はどの方向を痛いので、痛みの原因になっている筋肉を緩める施術を行いました。 また、痛みから逃げるために、体幹がねじれていたので、体幹をねじれさせる筋肉をゆるめ、痛みの原因になっている関節部位の調整を行っていきました。

施術計画

担当者からのコメント

治療後痛みが50%になる。やや姿勢はまだ痛みを逃避する姿勢がみられるが、歩行の改善はされました。 腰痛の既往歴なはなく、今回が初めてです。忙しくなる前までは定期的に10キロ程度のランニングと、ストレッチを週末に欠かさずやっていたが、 忙しくなって急にやらなくなってしまったため筋疲労や関節の可動性が減少し、痛みや違和感になる要因をためてしまった状態と、長時間の座る姿勢がによる腰まわりの負担が今回の症状の引き金になっています。 このケースの場合は3回で痛みが全て消失しました。 ぎっくり腰の場合は、改善の様子がその方の生活週間や、疲労感、姿勢などで症状の改善を変わってきます。 ぎっくり腰になりそうかな?と思ったら早めにご相談ください。またリガーレ・カイロプラクティックにストレッチの指導や、再発防止の生活習慣の改善などのご相談にもお答えしています。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら