メニュー
ご予約
地図

バスケットボールのシュートで腕が挙げづらい(17歳女性)

1ヶ月程前からバスケットボールの練習中シュートが打ちづらい気がしていました。
ここ1週間ぐらいはフリースローも以前より届きにくい感じがあります。
痛みはなく、肩に怪我をしたことはありません。
高校生活最後の大会なので完全な状態でプレーをしたいと思い来院しました。

初回の状態

頭を後に傾けた状態と腕を身体の前に出し上方向へ動かすと制限がかかっていました。 背骨の胸辺りの骨の柔軟性が低下しており、三角筋の過度の緊張、広背筋の筋力低下が見られました。

施術後の変化

首、背骨の矯正と肩、肋骨の動きを広げる施術を行い、 胸郭(背骨と肋骨の囲まれた部分)が上手く広がり、腕の動かしづらさは解消した様です。

施術計画

数回の施術のあとは、腕が軽く感じられており、 シュートのリリースまでしっかりコントロールできている感覚があるので、 日々のセルフストレッチのアドバイスを行い、月に1度のメンテナンスで経過をみていきます。

担当者からのコメント

肩の関節に関わる筋肉の過度の緊張により関節の可動域が制限され、腕が挙げづらくなっていたようです。肩を構成する腕と肩甲骨の連動、また背骨と肋骨の動きにも着目し、施術を進めていきまいした。 身体がバランスをとるためは実は両腕が重要な役割をはたしています。 両腕がスムーズに動かないと、肩だけでなく様々な場所に負担が生じます。この負担の積み重ね、関節や筋肉にかかる負荷が怪我を引き起こしたりもするのです。 運動される方は特に、日ごろからストレッチなどでのケアとともに、月に1度のカイロプラクティックでのメンテナンスをオススメいたします。 運動時や普段の姿勢をチェックし、身体の使い方などを見直しながらパフォーマンスの向上を目指します。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら