メニュー
ご予約
地図

半年前から上を向くと首が痛む(20代女性)

半年ほど前から徐々に首こりがひどくなってきて、最近は特に上を向くとキリキリと首の付け根に痛みが生じるようになってきました。しばらくしても痛みは引かず、そのままの状態でした。
小学生のころから肩こりもちで、社会人になり肩こりはひどくなっていき月に3~4回はマッサージなどへ行くようになりました。さらに偏頭痛も始まり、雨が降る前日にはズキンズキンといった拍動性の頭痛が生じるようになり、頭痛薬は常備薬となってしまっていました。1週間に1~2回は頭痛薬を服用するようになり流石にどうにかしたいなと思い知り合いの勧めもありリガーレα・カイロプラクティック新宿に来院されました。

初回の状態

首の痛みで上を向く動作は途中までしかできず、完全に上を向くことができない状態でした。 首を横に倒したり、振り向く動作では痛みはでませんでした。 姿勢は顎が前に出て、背中は丸くなっており、朝から首が痛く、仕事をするとさらにしんどくなってきたそうです。

施術後の変化

1回目の施術後、上を向く動作での首の痛みは10→5と半減されました。 肩こりも2日間ほど良い状態が続き、こりが痛みに変わることがなく、いままでにマッサージを受けて、2日も効果がもつことはなかったと驚いていらっしゃいました。 2回目の施術後、しばらくの間上を向いていられるように変化が見られてきました。 梅雨が始まり、雨もよく振るようになってきたが、頭痛が出ていないことに気づいていたそうです。 4回目の施術では、首はほぼ完全に上を向くことができるようになっていて、痛みもほとんど感じない状態になってきていました。 1週間に1回の治療を4回続け、約1ヶ月間、頭痛が出ておらず、とても喜んでもらえました。

施術計画

担当者からのコメント

最初は背骨の硬さが際立っており、骨盤から腰・背中・首と全体的な矯正を行っていきました。 もともとの背骨の柔軟性が低下していたために、背骨を安定させる筋肉が疲れやすい状態になり、首をしっかりと安定させることができなくなっていました。 特に、頚椎から胸椎に変わっていく部位の硬さが強く、この部位の硬さで首を後ろにそらせる動作が制限されていました。 頭痛の原因はさまざまですが、首周りの筋肉が硬くなり、筋肉の硬さから血行不良を起こし、神経や血管が過敏になり、緊張性頭痛や偏頭痛は起こってしまいます。 薬は一時的には楽になりますが、対処療法ですので、カイロプラクティックと併用して薬を使わない状態を維持できるように施術を組み立てていきます。 首・肩周りの筋肉の調整・頚椎や背骨全体的な矯正をしていくことで、背骨は安定し、筋肉が緊張しにくい状態となり、頭痛や肩こりは改善していきます。 なかなか改善しない首の痛み・肩こり・頭痛で悩んでいる方は、一度リガーレα・カイロプラクティックにご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら