メニュー
ご予約
地図

右肘から手首にかけて痺れる 40代女性 渋谷区在住

産後から慢性性的な全身の疲労感が常にありました、特に首肩まわりのコリ症状をかかえておられました。
最近になり腕への痺れが気になるようになってきた初めはあまり気に留めていなかったが痺れを自覚する頻度が増えてきたことにより心配になっていました。
整形外科受診にて神経の流れを促す薬を処方されているが大きな変化なくリガーレαカイロプラクティックへ来院されました。

初回の状態

頭蓋の傾き、首から肩にかけての部分の筋肉が緊張し固まっており、緊張による頚椎と肩関節の可動性が低下気味でした。 首の筋肉を押すと右手に痺れの再現がみられました。

施術後の変化

3回の施術にて症状は現在出ていなく、頭蓋の傾きがクセとして出やすいため、セルフストレッチに加え継続メンテナンスにて姿勢改善を行っていきました。

施術計画

担当者からのコメント

この方は産後育児に伴い仕事復帰もされているお母様でした。日常から片手で子どもを抱っこすることも多くて、右首から肩にかけてのかかる負担が出ていました。 また、デスクワークにて同一姿勢を維持する時間が長く、首関節が固まっていました。同時に筋肉が血流障害により関連痛と呼ばれる神経痛の様な症状をだしていたと思われます。関連痛は血流障害にてでる症状です。血流を促す為には関節が正しく機能していることが重要になってきます。日常の負担により筋肉の血流改善だけでは改善しにくい状態になっていたようなので関節や神経の機能改善へアプローチすることで良い方向へ運べました。痺れ症状で悩まれている方はリガーレαカイロプラクティック新宿をご検討なさってください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら