メニュー
ご予約
地図

妊娠中から始まった産後の腰痛(20代女性)

妊娠中から腰痛がありましたが、自然に消えるかと思いほっておいていました。出産後も痛みが消えず、むしろ妊娠中よりも悪化傾向にありました。痛みは腰部から右殿部かけて生じ、歩き始めやソファなどから立ち上がる時に痛みがでていました。また妊娠中から仰向けで寝ると腰が痛い状態が続いていました。妊娠前には腰痛がなかったので元の状態に戻りたいと思いリガーレαカイロプラクティック新宿へ来院されました。

初回の状態

後ろから見た姿勢では骨盤が左に傾いた状態でした。 横からみた姿勢では、腰部の前弯が強く(反り腰)みられました。 腰を後ろに反らす動作で、腰部と右殿部に痛みが誘発されました。 右股関節の動きが固く、屈曲すると股関節に痛みが誘発されました。

施術後の変化

妊娠により元々強かった腰部の前弯が強くなってしまい、そのことが腰部関節を圧迫していると考えました。 また腰部の前弯が強いことが筋肉のバランスをおかしくすることにつながったと考え施術を行なっていきました。 1回目は骨盤と腰部の矯正と腰部の詰まった関節を開くような関節運動をおこなっていきました。また筋肉のバランスを整えるため、腸腰筋のストレッチも加えて行なっていきました。 2回目は1週間後に来院されて、歩行時の痛みはほとんどなくなったが、仰向けで寝るとまだ痛みがありました。また右股関節の動きがまだちょっと硬いのが気になったので継続して施術を行なっていきました。 3回目は1週間後に来院されました。歩行時の痛みはほとんどなくなり、腰が痛いと感じることはなくなりましたが、妊娠前の頃の状態には戻っていない気がしました。基本的には今までの施術を継続しました。腹筋の使い方の練習を加えました。 4回目は2週間後に来院されて、腰の違和感がなくなりました。 症状が特にないということで、メンテナンスへ移行していきました。

施術計画

担当者からのコメント

妊娠中はお腹が大きくなるため、バランスをとるために腰が反り返る傾向にあります。そのためにいつも以上に身体を腰で支えるような姿勢になり、腰部の関節が圧迫されて痛みを起こすことが多いです。産後もそのような姿勢が続き、腰痛が続いている人が多くみられました。 産後は抱っこなど身体にかかる負担は大きく、また睡眠時間が妨げられているケースでは今回のより改善に時間がかかることもあり、産後の場合、痛くなる前のメンテナンスが大切に感じました。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら