メニュー
ご予約
地図

妊娠3ヶ月右おしりに電気が走るような痛みと腰痛(30代妊婦)

妊娠3ヶ月の妊婦、1週間ほど前から朝起きたときにお尻に違和感を感じ始め、日に日に痛みが強くなってきました。右に体重をかけたり、立ち上がるときに右おしりに電気が走るような痛みが生じるようになってきていたそうです。以前にも同様の痛みが経験したことがあり、そのときは冷湿布で痛みが引いたけれど、今回は痛みがひかないため、妊娠中でも施術を受けられるところを探して、リガーレαカイロプラクティック新宿へ来院されました。

初回の状態

右片足立ちが痛みの為、できず、 前屈、右側屈で右おしりに痛みが強くなり、 電気が走るような痛みがありました。

施術後の変化

初回はおしりの緊張感が強く、お尻周りを中心に筋肉を緩めていく施術を行っていきました。 1週間後、痛みは10から5くらいに半減してきたとのことでした。右に体重をかけて座るとまだ痛みが生じ、 また、仕事で中腰になることがあり、前傾気味になってから体勢を戻すときにズキッと痛みが走る状態でした。 おしりまわりだけでなく、太ももの外側にも強いコリ感、過緊張傾向がみられたため、その部位をしっかりと調整しました。 施術後動作時痛がほとんどなくなり、様子をみてもらうことにしました。 8日後体重が右にかかったり、前傾姿勢から戻る動作での痛みがほとんどなくなり、少しお尻周りに違和感が残る程度で痛みのレベルも1(初診10として)とのことでした。 現在、仕事をしながら、2~3週に一度くらいのペースで、メンテナンスを行っているところです。

施術計画

担当者からのコメント

妊娠初期は、胎児の大きさもまだまだ小さく、外見上の体型的な変化は見られないのですが、身体は確実に変化し、関節が緩みやすくなり、股関節や骨盤が不安定になりやすくなります。 元々、腰痛を持っている方は特にその変化に敏感で、筋肉が過剰に緊張してしまうことがあります。 Kさんの場合もお尻周りの筋肉が過剰に緊張していた状態でした。 発症してから早い段階での治療を行うことができたので、回復も早かったものと思われました。 妊娠初期はまだ安定期ではないからといってカイロプラクティック治療ができないわけではありません。お腹に負担がかからないよう、気を配り施術を行っていくことで、妊娠初期でもカイロプラクティック治療を行うことはできます。 それよりも痛みを放っておいて、お腹が大きくなり、骨盤がどんどん開いていくと、痛みを取るのが難しくなってきます。妊娠中の痛みは産後の骨盤の回復にも悪影響を及ぼします。 早期治療を早期回復につながります。 妊娠中で痛みに悩んでいる方は是非是非、リガーレαカイロプラクティック新宿へご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら