メニュー
ご予約
地図

妊娠9ヶ月お尻歩くのも辛い(30代妊婦)

10日ほど前から左右のおしりに違和感を感じ特に左が痛かったが、左の痛みは軽減し始めた。左の痛みが軽減すると右の痛みが強くなり始め、立ったり座ったり、階段を上ったり降りたりするのが辛くなり、今では歩くのもびっこをひくような感じになってしまっていた。1日中辛い状態で、1歳の子供もいるため、何とかしなければと思い、ネットで調べて託児もあるリガーレαカイロプラクティック新宿を見つけて来院されました。

初回の状態

右股関節、骨盤周りに痛みが生じているため、右足立ちが痛くてできない状態でした。

施術後の変化

初回、骨盤の歪みを矯正し、おしりの緊張をとっていったところ、痛みのレベルは半減歩くのもスムーズになりました。トコちゃんベルトを着用してもらったところ、さらに痛みが軽減したため、トコちゃんベルトで骨盤の広がりを抑えてもらうようにしてもいました。 3日後、1回目の施術後翌日は調子が良かったが、夕方にかけて痛みが強くなり、2日後にはまたもとの痛みが出てきてしまったそうです。 3日後、2日ほど立つと痛みが強くなってくるが、痛みのレベルは軽減してきている。まだ、歩くたびにズキンと響く痛みが残っていました。 深いおしりの筋肉の緊張が取りきれていないのだと思われたため、深部のおしりの筋肉の調整を行ってい、 1週間後、3回目の施術後、ズキンと響く痛みがほとんどなくなり、歩くのも立ったり座ったりする動作も痛みなく動けるようになりました。 1週間後、おしりのコリ感がまだ強く感じられているので、メンテナンスの施術を行い、骨盤を安定させ、 その後、予定日1週間前まで1週間に1度の施術を行っていました。

施術計画

担当者からのコメント

妊娠9ヶ月にもなると骨盤はかなり広がり始め、おしりの筋肉に負担をかけてしまいました。 骨盤の広がりに耐えきれなくなるとそれが痛みに変わって、特に、仙腸関節と呼ばれる骨盤の関節に痛みが生じやすく、坐骨周囲に痛みが出るため、坐骨神経痛と間違えられることがあります。 この痛みは神経痛ではなく、関節から生じる痛みと関節周囲に付着する筋肉の痛み。 関節の矯正と筋肉のアンバランスを調整していくと妊娠中の症状でも痛みは軽減していきました。 妊娠中の痛みで悩んでいる方はリガーレαカイロプラクティック新宿い一度ご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら