メニュー
ご予約
地図

寒くなると左の首肩から腕にかけて痺れるような痛みが(42歳女性)

肩や首のこりは以前からずっとあり、1年前に自転車との接触事故で転倒し左から倒れ肩を強く打ったのをきっかけに、寒くなると痺れるような痛みが生じるようになったそうです。
2週間ほど前から痛みと痺れで夜眠れなかったり、じっとしているいとたまらない気持ち悪さでしんどい状態になった為、インターネットでリガーレαカイロプラクティック新宿を見つけ、来院されました。

初回の状態

首を下に傾ける動作は痛みなく行えていましたが、上を向いたり、首を右や左に傾けたり、まわしたりする動作で左首から左腕にかけての痛みが強くなっていました。左肩が右肩に比べ下がっているのが顕著にみられました。

施術後の変化

1回目の施術: 左の肩甲骨を中心に硬くなっている筋肉のストレッチおよび筋緊張を緩めていく施術を行いました。首の緊張、特に胸鎖乳突筋が過緊張傾向であったので、首を支えている筋肉へのアプローチが有効でした。 2回目(1週間後): 初回施術後、少し首に違和感が残ったが、日に日に改善していったそうです。首肩は良好なものの、肘や腕が辛いとのことでしたので、 前回の施術にプラスして、肘周囲の筋の緊張を緩めていくアプローチを行いました。 3回目(2週間後) 首から腕にかけての痛みはほとんどなく、元々の首肩のコリ感が残っている状態でした。 現在、首肩の状態を改善させ、寒さの中でも痛みが出にくい体質に変えていくために、3~4週に1回の間隔で施術を続けています。

施術計画

担当者からのコメント

1年前の接触事故後、何も対策をせず放っておいてしまったようです。 交通事故や接触事故はそのときはそんなに症状を出さなくても、冷えてきたり、低気圧が近づいてくるような気候の変動で、筋肉が硬くなりやすくなってしまっていることがあります。 そうなると筋肉への血液の流れが悪くなり、痛みや痺れと言った症状が出てきてしまいます。 首から腕にかけての痺れや痛みは、放っておくと頚椎ヘルニアや頸肩腕症候群、胸郭出口症候群といった重い神経症状へと発展していってしまうことがあります。 そうなってしまう前に、カイロプラクティックで背骨の状態を改善させ、神経の流れを良くさせると姿勢も整い、疲れにくい体になっていきます。 カイロプラクティックは筋肉や関節症状の予防にもなります。悪化する前にカイロプラクティックで体のメンテナンスをしていくことをおすすめしています。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら