メニュー
ご予約
地図

寝違えたような痛み。首を動かすことができない 39歳 女性 港区

昨日の夜、首が少しおかしいなという感じがあり、来院日当日の朝、起きたら首を動かすことができなくなっていたそうです。安静にしていても痛みがあり、首を動かすと左側の首がズキッと痛み、右を向く動作や右に首を傾ける動作はほとんどできない状況だったそうです。整形外科に行ったものの、湿布のみで納得の行く内容ではなかったので、インターネットで検索してリガーレα・カイロプラクティック新宿へ来院されたそうです。

初回の状態

痛みは首の左側にあり、右への回旋、右への側屈はほとんどできない状況でした。 姿勢を正すと、上記の動作が少しできるようになっており、猫背姿勢による首の緊張が引き起こしている状態であることが考えられました。

施術後の変化

首から肩甲骨についている肩甲挙筋という筋肉が筋違いを起こしている可能性が高かったので、首と肩周りの状態を改善させる施術を組み立てました。 初回は肩甲骨の可動性をつけ、姿勢を正すために固まっている筋肉をストレッチしました。左側の肩甲挙筋は炎症があると思われたのでテーピングでサポートしました。 2回目は翌日に来院されました。前日より首がよく動いており、首の可動性をつけるために矯正を行い、施術後は側屈(首を傾ける動作)ができるようになり、回旋(首を回す動作)では、回していった最終域で痛みが残っていた状態でした。 3回目は2日後に来院され、ズキッとする痛みはなくなっていました。首を回したときに左肩のあたりに張りが残りがあり、継続して首肩のエリアにフォーカスした施術を行い、緊張感の改善がみられました。 寝違いに関する施術は終了し、それ以降は元々肩こりがあったので、不定期に肩や背中などの張りをとる目的で姿勢改善のメンテナンス施術を行っています。

施術計画

担当者からのコメント

左側の首から肩甲骨にかけてついている筋肉を痛めている状態でした。初回来院時はほとんど首を動かすことができなかったのですが、治療するたびに首の動く範囲が増え、3回で正常な可動域の動きになりました。 このような症状の起こりやすい状況には、疲労やストレスなどが考えられます。「いつもより張りが強いな」というのが一つのサインになっています。痛くなって首を動かせない状況になる前に、いつもと違うハリ感、異常を感じたらカイロプラクターにご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら