メニュー
ご予約
地図

寝違えて上を向くのがつらい(32歳 男性)

32歳 男性(工事現場作業員)が1週間前から首に違和感があり、昨日首を寝違えて、上を向くことがつらいと訴えて来院されました。首の右側から肩にかけてが張るような痛みがあり、後頭部に頭痛があるそうです。仕事柄上を向いたり、左右に首を回すことが多く、仕事が終わってから痛みが強くなるとのことでした。

初回の状態

肩甲挙筋や僧帽筋、胸鎖乳突筋などに過緊張がみられました。 背骨の可動制限があり、腰部の筋肉も緊張がつよく、全身的に柔軟性が乏しい状態でした。 痛みはあるけれど、首を回すことはできていました。

施術後の変化

1回目施術 首と肩甲骨周りの筋肉の緊張を緩和させた後に、腰部の筋肉のストレッチを行い、骨盤の矯正を行うと、痛みなく首を回せるようになり、可動域も改善しました。 2回目施術 1週間後に来院されました。仕事が忙しく首の症状は少し悪化しており、頚椎と骨盤の矯正、筋肉の緩和操作を行い、家でのストレッチ指導をして、様子を見てもらうことにしました。施術後は痛みが半減していました。 3回目施術 1週間後に来院されました。毎日ストレッチをしたら、首の痛みはほぼ感じなくなったそうです。 頚椎や骨盤のゆがみも改善されていたので、寝違いの施術を終了しました。

施術計画

担当者からのコメント

仕事柄上を向くことが多い為、首と鎖骨の間の筋肉(胸鎖乳都突筋)の緊張がつよく、首の骨(頚椎)にも負担がかかっていました。首の負担を補正する為に骨盤にもゆがみが生じており、腰部の筋肉の過緊張が首の症状と関連していました。首の痛みでも他の部分から影響を受けていることも多く、全身トータルで診ていく必要のあるめずらしいケースでした。3回の施術で主訴が改善し仕事に復帰できてよかったです。 寝違いや首の痛みでお悩みの方はリガーレαカイロプラクティックにお気軽にご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら