メニュー
ご予約
地図

小学1年生、足のムズムズ感でじっとしていられない (港区在住)

小学生1年生の男の子が半年ほど前から授業中に足がむずむずしてじっとしていられない症状で悩まれて来院されました。自宅でも夕方ごろ足首のあたりがむずむずし、床や椅子にぶつけないと我慢できないとのことでした。病院に行ったけれど、特に異常は見られず、食事もしっかりとっており、ここ最近病気もしていないため、神経と筋肉、背骨の専門家であるカイロプラクターに相談してみようと、リガーレαカイロプラクティックに来院されました。

初回の状態

足関節の可動域はやや制限があるものの、悪くはない状態でした。 背骨と股関節の動きを前から支えている左大腰筋の筋力に低下がみられ、両股関節を曲げる動きに制限がみられました。 また、右肩関節の動きに問題がみられました。

施術後の変化

初回は、普段の生活(食事、運動)を聞き、姿勢と歩行のチェック、運動の検査をした上で、頚椎・腰椎・骨盤の矯正を行ったところ、股関節の動きに改善がみられました。 <2回目施術 5日後> 背骨の矯正、股関節に動きをつける施術を行い、歩行のアドバイス、股関節の運動に関わる筋肉の使い方のエクササイズを行いました。 施術後の姿勢や股関節の筋力検査の結果に向上がみられました。

施術計画

担当者からのコメント

カイロプラクティックの適応する関節の機能障害や神経の流れを障害しているものを取り除き施術をすすめていきました。日常生活で改善できることを探し、まずは姿勢と機能障害を改善する為施術を行いました。最初は週1度の施術を一ヶ月。関節の機能障害に関しては3回目の施術ではだいぶ改善が見られました。日頃外で遊ぶ機会が少なく、特に筋肉が負荷に弱いようでなかなか安定しませんでしたが、2ヶ月程エクササイズを含めた施術をつづけたころだんだん脚の違和感を訴える回数が減っていったようです。成長の過程で様々な原因が考えられますが、まずは筋肉と骨格、神経の流れを整えたことにより、2次的に様々な改善も見られた例でした。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら