メニュー
ご予約
地図

左上半身の張りと右腰部の痛み(30代女性)

中学生の時に側弯症と整形外科で診断を受けていました。現在まで左上半身(肩・背中)の張りと痛み、右腰の痛みが辛くずっと座っていたりすると増悪していて動かすと少し楽になる気がしていました。これまでも色々マッサージなど受けてきたが、受けると直後は楽に感じるがすぐに戻ってしまう感じがしました。インターネットで調べて試しにリガーレαカイロプラクティック新宿に来院されました。

初回の状態

後ろから見た姿勢では、右肩上がりで骨盤は左側が上がっているように見えていて、横からみた姿勢では、反り腰で頭が前方に突出した猫背姿勢に見えました。 触診して、脊柱起立筋の左右の張りの差が大きく、お辞儀してもらうと右側の起立筋が隆起してました。 体幹の回旋の動きが左右とも違和感が強かったです。

施術後の変化

頸部、胸部、腰部、骨盤に対して矯正を行いました。 また反り腰に関係が強い腸腰筋に対してのストレッチと体幹の側屈のストレッチを行っていきました。 2回目施術(1週間後):長く座っていると少しまだ気になるが、状態は良好でした。 3回目施術(1週間後):今のところほとんど気にならなくなってきました。自宅でのストレッチの指導を行ないました。 状態がとても良いのでメンテナンスに移行していきました。

施術計画

担当者からのコメント

一般的に側弯症は胸部は右に腰部は、左に出っ張っているの側弯が多く見られ、この方もそのタイプでした。 胸部では左側の筋肉が縮んだ状態で反対に右側は伸ばされた状態になっていました。 反対に、腰部では右側の筋肉が縮んだ状態で反対に左側が伸ばされた状態になっていました。 胸部は右に曲げづらく、腰部では左に曲げづらい状態を強制や関節運動などを行うことで改善できたのではないかと考えていました。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら