メニュー
ご予約
地図

左右のおしり中央の痛みと腰痛(28歳女性)

ダンスをしており、慢性的に腰痛がある。先月腰部に違和感を感じて最近は指導中や練習の途中で臀部が異常に痛くなりなかなか踏ん張れない状態。
来月発表会もあるので困っていて、これからもダンスをしていきたいく腰痛の改善もしていきたい。

初回の状態

胸腰部反らした時の腰の違和感 大臀筋の筋力低下 おしりの筋肉(梨状筋)つよく緊張 右股関節の可動域と左足首の動きの低下がみられました。

施術後の変化

胸腰部反らした時の腰の違和感が気にならなくなった。 おしりの筋肉も回数重ねるごとに緊張が取れてきました。

施術計画

背骨(腰椎・仙腸関節・頸椎)、股関節の矯正を行っていきおしりの筋肉の緩めていき 背骨と股関節・足関節の矯正と筋肉も緩めていき、ストレッチも含め施術を行った。

担当者からのコメント

腰を反らした時の痛みにより動きの悪い股関節の伸ばす動作を行っており負担がお尻にかかっていたようです。 そのため、過度の使いすぎにより筋肉が負荷に耐えられず、痛みの原因となっていました。股関節の可動域をつけて、また左足首の可動域の減少からくる下腿の筋肉にも注目し、全体のバランスを整えていきました。スポーツをする人に多い使いすぎ現象。骨格や筋のアンバランスにより、負荷が多くかかる場所に怪我や痛みなどが増えます。日頃から自身でのストレッチはもちろん、定期的に骨格の調整をすることは怪我の予防にもつながります。常に最高のパフォーマンスで踊るためにも、定期的なメンテナンスはとっても大切です。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら