メニュー
ご予約
地図

ひだり太ももに違和感

一ヶ月程前から、練習中に左太もも前面に違和感がある。陸上短距離の選手。
特にチューブでひっぱられながら走る練習メニューの時に起こる。
昨年末に左ハムストリング(太腿の後面)が肉離れし、今年春に本格的な練習メニューを再開した。
痛みなどはなく、日常生活でも特に問題はない。

初回の状態

太腿の前面を押したときの痛み(圧痛)などはみられなかったが、筋肉の過度の緊張、左膝の内側や膝蓋骨(膝のお皿)の下の部分には圧痛がみられた。 両股関節の動きが悪く、また骨盤は左側が後傾し、下肢長差(足の長さの違い)がみられた。 左の太腿の筋肉の筋力検査ではいくつかの筋肉がうまく使えてない状態だった。

施術後の変化

初回 骨盤の矯正、股関節の可動域をつける施術を行った。 また過度に緊張している太腿の筋肉を含め、左の膝下の筋肉の緩和操作も行った。 施術後、下肢長差はなくなり、筋力検査では改善がみられた。

施術計画

2回目(5日後) 初回に引き続き、骨盤の矯正を背骨含めた背骨(頚椎・胸椎・腰椎・骨盤)の矯正をし、股関節の動きをつける施術を行った。 これに加え、不足部分に対して筋肉のストレッチを行った。

担当者からのコメント

左ハムストリングの肉離れ治癒後左脚への負荷のバランスが変わり、特定の筋肉に過度の緊張が見られました。この太腿の前面の筋肉が負荷を上げていったときに耐えられなくなり違和感を感じていたと考えられます。 初回の骨盤の調整後、立位での姿勢(立った姿勢)の大きな変化がみられました。 2回目の施術時には、 股関節の可動域の左右差がほぼなくなり、走行時の違和感も1週間の練習では感じていないということでした。 怪我をした筋肉は組織がダメージを受けており、皮膚にキズ跡が残るように、筋肉にも跡(瘢痕組織)が残ります。 そのため、筋肉のバランスが崩れやすくなり、運動する場合は他の場所の怪我を引き起こす原因にもなります。運動前後のストレッチや筋肉の強化、また定期的な身体のメンテナンスをオススメします。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら