メニュー
ご予約
地図

慢性的な肩コリを治したい(48歳 女性 デスクワーク 新宿区)

仕事が忙しくどうにもならない肩コリが慢性化していて、腰が痛くなることもあるので、合わせて診てほしいと思い、インターネットで国際基準のカイロプラクティックを探して、リガーレαカイロプラクティック新宿に来院されました。

初回の状態

肩関節から肋横突関節まで全体的に硬さがあり、起立筋、肩甲挙筋の緊張も強く、頚部の筋群にも緊張が見られました。 初回は肋横突関節、肩関節の動きを付ける施術を行いました。

施術後の変化

初回: 下肢については、足指の動きが減少し、足底アーチが崩れていたたので、指の可動をつける施術を行い、 足底アーチをつくるテーピングを行い、脛腓関節のゆるさがあったので、テーピングで固定したところ、腰の違和感が半減された様子でした。 頚部緊張が強いため、ソフトに関節の動きをつける矯正を行い、肩関節挙上時の痛みに対しては、ローテーターカフの筋肉に超音波を当てて可動域を上げる調整を行いました。 肋骨の可動制限があっため、肋骨への矯正を行うと、呼吸も深くできるようになっていました。 施術後、肩関節挙上時の痛みは半減し、可動域も大幅に改善していました。 2回目(7日後) 1回目の施術後は、肩挙上時の痛みの少ない状態が続いており、肩関節周囲の筋肉に超音波の処置を行い、合わせて肩関節の関節運動を行いました。 施術後、肩関節の違和感が減少していました。 3回目(7日後) 海外出張があり、忙しかったため、肩の違和感が増してきていました。 継続して、肋骨、肩関節の調整をおこなったところ、 施術後、股関節の違和感、緊張感が緩和されていました。 痛みはなくなっているが、仕事の忙しさと寒さで、肩が硬くなりやすいので、 仕事の合間や、家での肩関節のストレッチをアドバイスしました。

施術計画

担当者からのコメント

四十肩の症状はピークを過ぎると時間経過と共に軽減されていきますが、このケースでは、違和感と痛みが気になるとのことで、 肋骨と背骨の動きを含めた施術を始めました。仕事が忙しくなると肩関節周りが硬くなり、違和感が出るとのことでしたが、家でのエクササイズを継続してもらうことで、違和感の変化を感じて頂けました。 適切なホームエクササイズを行うためにも、骨格の調整が必要になります。肩関節の動きに違和感や痛みを感じる方は、筋骨格系の専門家であるカイロプラクターに一度ご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら