メニュー
ご予約
地図

突然の首の痛み,後ろに傾けると右首が痛む(30歳女性)

来院前日の夕方ごろ突然右首すじに痛みが走り、その後首を後ろに傾けたり、右や左に首を回すと筋肉にズキッとした痛みが走る症状が出始めました。寝ておきれば落ち着くと思いましたが、痛みが軽減せずに、むしろ痛みが増悪し始めたので、早めに処置をしてもらおうと思い、リガーレαカイロプラクティックに来院されました。
3年前にも同じような痛みを伴う寝違えを起こして、それから肩こりや首のコリがひどくなってきました。
ここ最近は仕事が忙しくて、しっかりと休めていないとのことでした。

初回の状態

痛みのため、後ろに首を反らすことができなく右や左にも回せない状態でした。

施術後の変化

1回目の治療後、痛みはレベルマックス10/10 から 5/10 に軽減した。 左にはほぼ完全にまわせるようになりました。右はまだ可動域が制限されているが、 後ろは目薬をさせるくらいのところまで反らすことが出来るようになりました。 2回目:1週間後に来院してもらいましたが仕事が忙しいため、しっかりと休めていない影響か、痛みのレベルは4/10くらいで、徐々に症状は軽減しているという状態でした。 右と後ろへの動作がまだ不自由な状態でした。 2回目の治療後は痛みのレベルは 1/10 になりました。 3回目 1週間後に来院されました。ほぼ首の可動域は正常な状態となり、痛みも出ない状態となっていました。 現在は、10日から2週間くらいのペースでもともとあった肩こりや首のこり、姿勢の悪さを改善させていく治療をしていくことになりました。

施術計画

担当者からのコメント

女性特有の撫で肩の姿勢で、首から肩にかけてつく筋肉に負担がかかりやすい体質をもっている方でした。デスクワークでずっと同じ姿勢をしているとどうしても 筋肉は硬直してしまい、血行不良を起こしてました。また、姿勢も背中が丸まり、肩甲骨が前へ出てくるような状態となってしまっていました。 肩甲骨周りの筋肉がカチコチでストレッチをかけてもなかなか伸びない状態でした。肩の可動域が狭くなってしまうと、首の筋肉にも負担をかけてしまいます。 肩甲骨周辺をほぐしていくだけで首の症状も和らいでいきました。 普通の寝違えならば、3,4日もすればほぼ症状はなくなってしまうのですが、もともとの肩こりがひどかったようで、治りにくくなっていたように思われました。 普段、運動をせず、デスクワークでみっちり同じ姿勢をしている方は、症状が出ると直りにくくなってしまうので、思い当たる節のある方は、普段からストレッチや運動を心がけてくださいね。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら