メニュー
ご予約
地図

緊張性頭痛が就職してから数年続く 27歳女性 獣医 西早稲田在住

27歳の獣医の女性が頭痛を訴えて来院されました。この頭痛は就職してから始まり、慢性的に続いていたようです。それ以前に頭痛はなく、頭痛外来では緊張性頭痛と診断され、出来るだけストレスを発散したり身体を動かすようにアドバイスされたが、一向に改善しなかったそうです。

地元の整体に何度か通ってみたものの、施術の当日は良いけれど、数日後には戻ってしまう状況でう、久しぶりに会った同級生に話をすると、同じように頭痛で悩んでいたけれど改善したと聞き、リガーレα カイロプラクティック新宿を紹介され来院されました。





初回の状態

後頭部の筋肉(後頭下筋群と頭半棘筋)にトリガーポイントという筋肉のしこりがみられました。 首全体の可動域は正常範囲でしたが、後頭骨と首の間の関節(上部頚椎)と首と背中の間の関節(頚胸移行部)の動きに制限がみられました。

施術後の変化

3週間で5回の施術を行い、頭痛の8割以上が改善されました。現在は2週間に1度のカイロプラクティックケアを受け、毎日快適に過ごされていらっしゃいます。

施術計画

担当者からのコメント

この方の頭痛は、頭痛外来での診断通り緊張性頭痛と判断しました。長年続いていたにも関わらず、早い改善となったのには2つポイントがありました。まずは症状を引き起こしていた筋肉を的確に見つけたことです。この筋肉は首の筋肉の深層にあるため、解剖学のしっかりした知識としっかりした触診の技術が必須です。次に、その筋肉に負担をかけた原因となる上部頚椎と頚胸移行部の関節の動きを改善させたことです。これまでは頭痛薬を使っても何をしても頭が痛かった為、本当に辛そうでしたが、今は頭痛のない生活になり大変喜ばれていました。 緊張性頭痛は頚性(頚椎原性)頭痛と同様に、カイロプラクティックが最も効果を発揮できるタイプの症状です。なかなか治らない頭痛でカイロプラクティックや整体をお探しの方は、新宿西口駅から徒歩3分にあるリガーレカイロプラクティック新宿へお気軽にお問合せください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら