メニュー
ご予約
地図

股関節の痛みで足をひきづり歩きにくい(20代女性)

27歳女性。股関節の痛みと違和感で来院されました。
半年ほど前から、左の股関節をうごかそうとすると音がして違和感があり、たまに痛みが走るということでした。
自宅に帰って楽な格好をすると、左のズボンの裾を引きずって歩いていると、家族に指摘され、本人も左を引きずるように歩いているような感覚があると言っていました。
足を引きずっているせいか、身体全体がだるく、凝り感が首、肩周りにありました。

初回の状態

・デスクワークが長くなると、足の付け根に違和感(数時間)が出てくる時もありました。 ・肩こりがありました。 ・ヒールは違和感が強くなることがあるので履いていなかったでした。   股関節を内側にまわすような動きをすると、軽い痛みが股の近くにでていました。 ・足を曲げたときの痛みはないが、多少足の付け根に違和感ありました。 ・ひどくはないが軽い腰痛がありました。 ・腰を前屈した時の痛みはみられないですが、身体は右に曲がる様に状態が曲がっているのが顕著にわかりました。 ・座った時の前屈時は、痛みなく、違和感なく立位よりは身体の歪みが少なかった。

施術後の変化

1回目治療後 全体的な身体のだるさが軽くなるりました。股関節は動作時の違和感の方が強いので、自宅で状態をチェックするように伝えしました。 2回目治療 前回の治療後2.3日してから、違和感が少なくなり、股関節周辺でなる音も回数が減りました。ならないときもありました。 デスクワーク時もあまり気にならなくなりました。 足の引きずる感じはまだ少しありました。 3回目治療 2回終わって痛みはほとんどなくなるまでいきました。 足の引きずり感もほとんどなくなりました。 忘れた頃に音がなる程度で、違和感も感じにくくなりました。 4回目治療 3回の治療で、症状ほとんど消えました。身体も軽く、足の引きずり感じもなくなりました。 一旦、治療を終了して今後はメンテナンス治療に以降していき一ヶ月に来院予定となりました。

施術計画

担当者からのコメント

この方の痛みの原因は骨盤周辺の歪みによる影響が強いものでした。 さらに、ゆがんでいる状態がしばらく続いたために、股関節がもともとの構造よるも開いて、支えが弱くなっている状態が続いていたため、股関節周囲に痛みがでていました。 使うべき筋肉や関節に力が入りにくく、外側に力がかかってしまいる状態で骨盤付近の構造がゆるく不安定になっている状態でした。 このように、痛みになる場合は関節や筋肉の硬さからによるものだけでなく、構造の不安定さ弱くなったような状態からくる場合もありますので、注意が必要でした。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら