メニュー
ご予約
地図

腰痛がつづき生理不順に、冷え性もあり辛い(20代女性)

以前から腰痛が続くと生理不順になる傾向がありました。最近気候のせいか、疲れやすいこともあり、冷えや足のむくみも気になっていました。腰の痛みで姿勢も傾きがちになり、全身疲労を感じてインターネットで検索して「リガーレαカイロプラクティック」に来院しました。

初回の状態

腰から肩にかけて右に傾いているように見えました。 腰だけではなく、おしりの筋肉の緊張もとても強くみられました。 身体が少し前傾していました。

施術後の変化

初回の施術後は、姿勢の改善と腰部の痛みが軽減されました。足関節の動きで硬い部分があったため動きの改善を図り、腰とおしりの筋肉のストレッチをアドバイスして、1週間後に来院していただくことになりました。 2回目の来院時では、改善された姿勢からやや初回来院時に戻りつつありあしたが、再度ストレッチの確認を含め腰の調整を行いました。 3回目の来院時では、痛みのない状態を保っていて、ストレッチも定期的にできていたため、全体を診てその後メンテナンスへ移行しました。 4回目では改善された姿勢も保っており、生理不順に関しては医師の指導のもと薬を服用していました。

施術計画

担当者からのコメント

身体に痛みが出た場合に、その痛みを避けようとして変えた姿勢を逃避姿勢と言うのですが、 この逃避姿勢によって、他の部位に負担がかかりったり、新たな痛みを起こしたりと、今まで出ていた痛みを悪化させてしまうケースもあります。 今回、腰痛が続いた後に生理不順もでていたとされていますが、薬などの服用は医師の処方に従い、カイロプラクティックケアでは腰部とおしり部分の筋肉の緊張を取り除き、姿勢のアドバイスと筋肉の柔軟性を保つためにストレッチ方法をアドバイスしました。 身体のケアをした後、自身で筋肉や姿勢が良い状態を保てるようにコントロールが必要になってきます。 カイロプラクティックケアと一緒に、自宅でのケアもやっていけるようアドバイスさせていただいています。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら