メニュー
ご予約
地図

膝に突然血がたまり腫れ上がった(30代男性)

一週間前に左膝が腫れ上がり、血がたまっている状態になりました。特に思い当たるきっかけはなく、整形外科で血を抜かれ、今は見た目にはそれほど腫れはないけれど、歩いていたり動かすと痛みがあるそうです。
左膝は10年前に怪我をして外側半月板を切除する手術を受けています。今回の腫れで整形外科でレントゲンを撮ったら変形が確認されました。
MRIやCTでは大きな異常はなかった。痛みが引かないため、インターネットで検索してリガーレカイロプラクティックへ来院されました。

初回の状態

膝を曲げていくとお皿のやや下と膝裏に痛みがあります。 見た目ではやや内側の腫れが見られます。 膝のお皿を動かす検査をすると痛みがあるのと、ゴリゴリ音が鳴ります。

施術後の変化

膝関節の中での癒着をはがすことと、筋肉を整える治療を平行して行いました。 1回目治療後は曲げたときの痛みが改善されました。ストレッチなどはできる状態ではなかったので、痛みが出たらアイシングするように指示しました。 2回目は一週間後に来院。前回3~4日たってもかなり調子が良かったが、その後元通りに戻ってしまった。検査では曲げたときの痛みが膝の前側は消えていたものの膝裏が強く出ていたため、膝裏の腱に対する治療を行いました。週一ペースで施術をすすめ、4回目来院時には長時間の歩行でもほとんど痛みは感じなくなったので、少し間隔をあけてみて、運動してみたときの感覚などを元に今後も定期的なメンテナンスをしていくことになりました。

施術計画

担当者からのコメント

過去の怪我により膝の半月板を切除しているために、変形が始まっている症状でした。半月板は膝の中でクッションのような働きをしているので、 クッションを取ってしまうと関節がぶつかるようになり、摩擦による変形が起こってしまうのです。高齢者にはよく見られる症状ですが、30代では早すぎま す。 おそらく膝の内部での摩擦がかなりあったために、特にきっかけがなくても膝が悲鳴を上げてしまったのでしょう。当院で見たところ、膝のお皿と膝関節の動きがおかしくなっていたので、関節の癒着をとる施術と、筋肉と腱の施術を行いました。 関節の変形があっても、痛みがある人とない人がいます。この違いは機能です。どんなに変形があってもしっかり動きがあれば痛くないですが、少しの変形でも関節内側の癒着で動きがなくなっていると痛みを起こします。従って関節機能をあげていくと、痛み自体は取れていきます。 ただし、変形性関節症の人は、膝に問題がない人に比べて関節機能が落ちていきやすいので、定期的に施術が必要になります。この方はスポーツをしたいということもあるので、実際にスポーツをしてみた感覚でどれくらいの頻度での治療が適切かを決めていく予定です。一般的には1~2ヶ月に一度くらいの施術で十分メンテナンスできることが多いように感じます。 カイロプラクティックでは、関節の変形を元に戻すことは出来ませんが、痛みを緩和したり変形の進行を食い止めることは可能です。同じような症状の方は、是非ご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら