メニュー
ご予約
地図

足に痛みとしびれ(30才男性)

1ヶ月ほど前にフットサルをやり腰痛が発生しました。安静にしていたら痛みは引いたが、10日ほど前から足に痛みを感じ始めました。出張で飛行機に乗ったところ、症状は悪化して、身動きが取れないほどの腰痛と足へ激痛が生じて、入院することになってしまいました。1週間入院をして神経ブロック注射を行い、痛みは引いていきました。しかし、腰の張り感とふくらはぎに痛み、親指に筋力低下と痺れ感が残っていました。
10年ほど前にヘルニアの手術をしていて、今回のMRIで手術をした部位がさらに飛び出ていたことが確認しました。手術はもうやりたくないため、手術以外の治療法を探し、カイロプラクティックを受けてみることにしました。

初回の状態

前屈は痛みが出て出来なかった。 足上げテストは30度ほどで腰に痛みと足に痺れがでました。(がまんできる程度ではあった) 左足親指は感覚が鈍くなっていていたのと筋力低下が見られました。

施術後の変化

1回目の施術: 腰、下肢の筋緊張が高かったため、緊張を緩和させる施術を主に行うことにしました。 状態が良くないため、1週間に2回のペースで施術を行っていくことにしました。 2回目の施術(3日後) 足上げテストの角度が45度に。腰痛は出ないが、足の痺れが出てしまっていた。 腰の回旋で症状は悪化してないため、腰椎の骨盤矯正を行いました。 4回目 改善傾向で、腰痛はほとんどないとのことでした。まだ完全ではないが、仕事で出張へ行かなければいけないのでストレッチの指導もしました。 5回目。 出張先の固い椅子に座って、腰の痛みが強くなった。可動域は良い状態をキープできていたが、おしりの緊張がとても強くなっていました。 6回目。 腰痛は軽減していて、ふくらはぎの痛みも軽減傾向でした。足の親指に力が入りにくい状態は残っていますが、状態は良好のため施術を1週間間隔に変更しました。 7回目。とても良好でした。 足の親指に関係する部位をしっかりと施術していきました。 8回目。冷えのためか、少し腰に痛みが出てきてました。 9回目。 足の親指の感覚が戻り始め、しっかりと力が入るようになってきました。歩行時の歩きやすさもでてきました。 治療間隔を2週間、3週間と少しずつあけていくことにしました。 12回目:軽いジョギングとゴルフができるようにまでなってきたとのことでした。

施術計画

担当者からのコメント

カイロプラクティック治療では、腰椎や骨盤の矯正を行い、椎間板にかかる負担を軽減させていくと筋緊張が緩和され、神経が回復していけば、痛みや痺れは改善されていきました。 椎間板ヘルニアによる足の痛みや腰の痛みでお悩みの方は、リガーレαカイロプラクティック新宿に受けにいらしてください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら