メニュー
ご予約
地図

40代女性が靴を履いたときに左足指の痛みで歩行が困難に

40代女性が靴を履いたときに左足指の痛みで歩行が困難になり、
靴ずれを起こすことから、身体のゆがみを調整したいと思い、
インターネットで検索して、リガーレα カイロプラクティック新宿に来院されました。

初回の状態

<初回来院時の状態> 右脊柱起立筋の過緊張が見られた。 骨盤のゆがみ、左足のアーチの減少が見られました。

施術後の変化

<経過> 初回: フルスパイン(首から骨盤)でのアジャストメントを行い、股関節周りの筋肉の硬縮をリリースするアプローチを行いました。 左足のアーチをつくるテーピングをしました。 施術後、足の違和感消失。 姿勢とストレッチのアドバイスをして施術を終了しました。 2回目(7日後) 施術後は足が軽くなり、靴を履いて歩くときの痛みも軽減しておられました。 フルスパイン(背骨全体)の施術に加えて、股関節のモビリぜーションを行いました。 3回目(7日後) 足指に若干圧迫される感じが残るが、痛くて歩くのがつらいことは無くなりました。メンテナンスの施術に移行しました。

施術計画

担当者からのコメント

<担当 コメント> 今回の患者さんは足の症状でしたが、背骨から骨盤までの矯正の効果がでたケースでした。 足のアーチを作ることも大切ですが、足の上の構造が安定していなければ、再発の可能性が高くなります。 ヒールや合わない靴を履いて長時間足に負荷がかかると背骨のゆがみとあわせて、足のアーチが少なくなっていきます。アーチがなくなると足の症状に限らず、その上の膝、腰、背中、肩、首に症状を起こすことがあるので要注意です。 足の症状がある方は、偏平足になっていないか、外反母趾になっていないか、足の状態、関節の硬さを確認してみてください。異常がある場合は、症状がひどくなる前にカイロプラクティック オフィスを訪れることをお勧めします。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら