メニュー
ご予約
地図

開口制限と顎の痛みがある(30代男性)

半年程前、もともと食べる事が好きでグルメ旅行に出かけていた時の事でした。
いよいよ、楽しみにしていた、ご飯を食べようと口を大きく明けようとした時、瞬間的な鋭い強い痛みは顔周辺に起こりそのあと、口が開きづらい状態になりました。
その後も、大きく口を明けると耳の横当たりに音がしたり、時々ではありますが鋭い痛みもありました。

デスクワークで、慢性肩こり、頭痛もありました。これは10年以上になりますが、慢性的だったので、最近は痛みに慣れてきたせいか気にならなかった。
もしかしたら、その影響で、顎に負担がかかっている?と心配になり来院されました。

インターネットで、検索してみて、顎の症状がカイロプラクティックで改善できる事を知り、リガーレαカイロプラクティックに来院されました。

初回の状態

口を開く時に指を縦にして、2本はいるのがやっとでした。 何回、繰り返し行うと耳の近くで音がしてきました。 開口時の痛みがたまにはあるがありました。 顎全体がだるい感じと首の張り感、肩の凝りが強く感じました。

施術後の変化

姿勢検査で、体のゆがみあることがわかりました。肩、首とも右に傾いた姿勢をして歪みが強かった。 首を後ろに倒すと、首まわりや肩にも重たい痛みがありました。 首の動きが制限されているような(肩が上がったような)姿勢をとっていました。 1回目の治療後、肩周り首筋の痛み、首が動きやすくなりました。 口はまだ開きにくいが、頬あたりが軽く感じるようになりました。 2回目の治療後、前回の治療の後から仰向けで寝るのが楽になりました。 治療後、少し開口も楽になりました。 繰り返し行っても、顎周辺、顔周りの痛み、違和感がなくなるまでになりました。 3回目の治療後、開口が楽になってスムーズに開けられるようになりました。 体も楽になっていて立った時に安定感がまだありました。 4回目の治療後、ほぼ口の動きはスムーズになり、日常生活には問題はありませんでした。ここまで、週に一回の治療だったが、次回から1ヶ月に1回を目安にメンテナンス治療に切り替えていきました。

施術計画

担当者からのコメント

顎の問題は、顎自体の問題で体のゆがみからくるもので、ストレス性と理由は様々、関節の動きが複雑なので症状の原因がわかりにくいこともありますが、このケースは慢性的になっていた体の歪みからよるものでした。デスクワークの悪い姿勢の習慣や、歯ぎしりの癖がありました。 これらの理由から、顎や首にかかるストレスが非常に多くなっていたようでした。 顎の問題は周囲の肩や首、または全体的な身体の状態をみていくのが大事でした。 一度痛みが治っても、体の歪み等は定期的に治療する必要があると思いました。現在1ヶ月に1回のメンテナンス治療で様子を見ていくことになりました。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら