メニュー
ご予約
地図

首が全く動かない(40歳女性)

3年程前から首がだんだん動かしづらくなり、今はまったく動かせなくなっている状態でした。
以前整形外科でレントゲンを撮った時には問題はみられず、治療や薬はもらわなかったそうです。
ここ半年、さらに首が回らなくなり来院されました。

初回の状態

首はどの方向にもほとんど動かない状態、自分で首を曲げ伸ばしや横に倒す回す動きは全て5度未満でした。 肩の関節の動きは曲げる外に腕を上げる外側に捻るの動きにやや動きの悪さは見られるものの動きはありました。 首の筋力検査は検査できず、肩にいくつか筋力低下のみられる筋肉がありました。 背骨に関しては特に首の部分は全く動かず、胸椎・腰椎の柔軟性は減少しており、また、右足に短下肢がみられました。

施術後の変化

初回から10回は週に1回のペースで、それぞれの関節に対して緩めていった首、肩の運動を入れながら施術をすすめていきました。 2ヶ月の施術を通して足の長さの差に変化があり、肩・股関節の可動域はだいぶ変化が出てきました。 現在は2週間に1度のペースで通われています。

施術計画

担当者からのコメント

病院へ受診したのが3年前だったことから、再度病院での検査をすすめたところ、 背骨の炎症していたとのことでした。特に頚椎・胸椎にみられたため、首が動かないと状態になっており、この炎症は原因が明らかではなく、進行させないためにも適度な運動が求められます。 背骨に柔軟性がない分、筋肉にかかる負荷は大きくなっており、関節を動かしながら他動(本人以外の人が行う)ストレッチ、また自宅で行うストレッチを指導しながら定期的なメンテナンスを行っています。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら