メニュー
ご予約
地図

首の痛みから腕の痛みと手・指先にかけて痺れ(30代女性)

仕事を始めたころから首にコリを感じ始め、寝違えを起こしてから忙しくなるとコリが痛みに変わるという症状が出るようになってきました。
元々そういった症状はあったが、腕や指先に痺れを感じるようなことはなかった。1週間ほど前から徐々に右側の腕・手・指先へと痺れは広がり、痺れ感も強くなってきて何とかしなければと思い、カイロプラクティックが良さそうだと職場の方から聞いていリガーレαカイロプラクティック新宿に来院されました。

初回の状態

首を右に傾けたり、右に回すような動作で首に痛みが生じるが、腕や手・指先の痺れは増悪はしていなかった。 腕を後ろに引っ張っていく動作で腕の痺れが強くなっていた。

施術後の変化

1回目の施術後、首の痛みは半減し、可動域も広がったが、腕の痺れあ変わらずでした。 2回目の施術は、首よりも肩周りの筋肉を緩めていくことに重点を置き施術を行ったところ、施術後徐々に痺れは引いていき、1週間後の来院時には腕の痺れは消失し指先にだけ少し痺れが残っている程度とのことでした。 ストレッチを指導して、2週間後に確認のため、来院してもらうことに。 2週間後の来院までには指先の痺れもなくなり、首に少しコリがある程度までいきました。

施術計画

担当者からのコメント

典型的な筋肉の圧迫から生じる腕・指先にかけての痺れでした。 前腕の外側に痺れが生じている場合は、首から来ているのか、それとも肩周辺の筋肉の圧迫から生じているのかということを考えなければなりません。 痺れている場所が外側前腕皮神経領域でした。この神経は烏口腕筋と呼ばれる筋肉を貫いてから、皮膚を支配しています。烏口腕筋の緊張をしっかりとほぐしていったところ、痺れはすっと取れていった。 指先の痺れは、前腕の円回内筋の緊張から生じていたものと思われました。肩だけでなく、腕周りも調整し、良い結果が得られたのだと考えられました。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら