メニュー
ご予約
地図

1ヶ月前から腰から右お尻と右足の鈍い痛みと痺れ(30代男性)

元々腰痛もちだった方が、一ヶ月前から右おしりから右足にかけて鈍い痛みと痺れが出てきたのを感じました。鈍い痛みは常にあり、長時間座っていたり、長時間立っていると電気 が流れるような痺れを感じるようになってしまいました。今までにこういう症状はなく、いろいろ調べたら椎間板ヘルニアの症状に似ていることに気がつき怖くなってしまいました。インターネットで 検索してリガーレαカイロプラクティックに来院されました。

初回の状態

腰の可動域検査では前屈時と後屈時に腰の張りを感じるもの足の痺れはでませんでした。 足挙げ検査では足の痺れもでませんでした。 お尻の筋肉を押すと痺れがでてきました。

施術後の変化

お尻の筋肉が硬くなったことによる症状と考え治療を行っていきました。 初回は右お尻から下肢を緩めていき、骨盤の矯正。治療後は足のだるさが軽くなりました。 2回目は1週間後に来院されました。前回治療後当日に立っていたら痺れがでていましたが持続時間は短かくなっていました。 3回目は1週間後に来院されました。朝の痛みがなくなり、夕方から夜になると足のだるさが少し出てくる。 4回目は2週間後に来院されました。足のだるさや痛みはほとんどなくなりました。痺れは3,4日に一回くらいになりました。 5回目は2週間後に来院されました。ほとんど痺れも感じなくなったのでメンテナンス治療に移行しました。

施術計画

担当者からのコメント

腰痛+足の痺れというと椎間板ヘルニアが有名ですが、この症状を起こすものはほかにもいくつかあります。この方の症状はお尻の筋肉が固まってしまった結果、筋肉が過敏になり足のほうへ痛みを飛ばしている状態でした。このような症状を筋筋膜痛症候群といいます。 このタイプの症状は筋肉が緩んでくれば痛みや痺れが治まります。カイロプラクティックではなぜこの筋肉が硬くなってしまったのかを見ていきます。この方の場合、骨盤が大きく捻れていたのが関係していると判断し治療を行いました。 的確に治療すれば早く改善する症状ですので、同じような症状でお悩みの方は是非ご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら