メニュー
ご予約
地図

1週間前から顎が開けにくい状態、食事に困る(30代女性)

突然1週間前から顎が開けにくい状態になった。特に思い当たることはなく、気がついたらそうなっていた。過去に顎が痛くなったり、顎がガクガクしたりなどの症状はない。元々肩こりや首が張る感じはあり、最近はそれも気にはなっていた。以前も腰痛になったときに行っていたので、今回もリガーレα・カイロプラクティック新宿へ来院。

初回の状態

口を開ける時に右あごに痛みと違和感があり、あごを左右に動かすと、左に動かしたときに右あごに痛みがあります。 胸を張り姿勢を正すようにすると、あごが開けやすくなります。 首の上の方を押しながらあごを開けてもらうと、開けやすくなります。

施術後の変化

姿勢が悪いことが原因であごに負担がかかったと考え治療を行いました。 初回は肩甲骨まわりを緩め胸を開くようにする治療を行い、首の矯正をしました。あご関節自体にも問題があったので、顎関節の動きをスムーズにする治療と、右側のあごを動かす筋肉への治療を行った。 治療後はだいぶスムーズにあごを開けられる状態になりました。 2回目は1週間後に来院、翌日少し痛みが出たが、その後は特に問題なくあごを開けても痛みはない状態をキープできていました。 とりあえず顎は大丈夫そうだということで、少し間隔をあけて定期的なメンテナンスをしながらいらしています。

施術計画

担当者からのコメント

顎関節症はとても複雑な部分です。顎を開け閉めする動作というのは、顎関節単独の動きではなく、首の筋肉も使います。姿勢も関係していて、正常の人でも姿勢を正した状態であごを開けるのと、思いっきり猫背の姿勢であごを開けるのでは、あごの開けやすさが違うと思います。 この方は前に来院していたときもそうだったのですが、首に問題がありました。そのため首の調整を行い、姿勢を正すようなアプローチが効果がありました。 単純に噛み合わせを治しただけでは効果が出にくい場合もあります。そのような場合には姿勢を治すようなアプローチが効果的なことも多いので、顎関節症にお悩みの方はリガーレα・カイロプラクティック新宿にいらして下さい。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら