手をつくと手首の痛みがでる(30代女性)

この患者様は、ヨガインストラクターを仕事にしていて、手を床について体重をのせる頻度が多く最近は、手をついて体重が乗ると左手首が痛くなってきたようでした。
ごまかしながら仕事を継続しているが、整形外科にて薬と湿布薬を処方されたが大きな改善がみられなく職場の同僚からの勧めでリガーレαカイロプラクティック新宿を紹介され来院されました。

[case01]

手首の可動性に問題なく自動や他動運動ともに痛みはみられなく、ご自身で動かしてもらった時に痛みはないが手首を伸ばした時に関節のつまり感が感じられました。
床に四つ這い姿勢にて手首の痛み誘発され、左親指側の付け根の関節が過度に動きがありすぎる状態が気になりました。

[case02]

テーピングにて手首の補強を行ったうえ施術、四つ這い姿勢でも痛みの誘発はみられなかった。

施術計画

この方はご職業柄、手首に掛かる負担が多く、体の使い方が歪みがあって手首をつく際に左手に荷重が多くかかっていました。
繰り返しの負担にて関節を支える支持体が弱くなり関節が不安定になることから痛みが出ていたようでした。
関節を強く引っ張っている筋肉を緩めていき、テーピングで補強をして初回の治療後には痛みなく手首をつけるようになっていました。
関節が安定するまでには少し時間がかかりますが体の使い方も修正しながらメンテナンスケアを継続されていくよう二人三脚で頑張っていきます。

タイトルとURLをコピーしました