メニュー
ご予約
地図

2日前から歩いた時に股関節痛が...

2日前から歩いた時に急に股関節が痛くなり、足をついた時ではなく後ろに蹴りだす時に痛んだそうです。これまでこのような痛みはなく、思い当たる原因もないとのことでした。

3年前に乳がんの手術をし、経過は良好で、近くの整体に行ってみて股関節周りの筋肉がいつもより張っていると言われたそうです。

確かに痛みも右に比べて強かったけれど、歩くときの痛みは変わらなかったので、娘さんが通っている弊院リガーレαカイロプラクティック新宿を紹介され来院されました。

初回の状態

骨盤が前に傾いており、反り腰の傾向があると共に、股関節と右仙腸関節(骨盤の関節)を反らす動きに制限がありました。 大腰筋という体幹を前側から支え、ももを上げる時に使う筋肉が非常に緊張していました。

施術後の変化

施術後に股関節痛はなくなり、施術以降痛みは出ていないとご家族から教えていただきました。

施術計画

担当者からのコメント

今回の股関節痛はシンプルなものでしたが、ストレッチや通常の筋緊張を取る方法では改善しないケースでした。 まず、骨盤と股関節の両方の動きに硬さがありました。この硬さは全体的な動きの最後の副運動と呼ばれる、非常に小さい部分になります。よって股関節の可動域には一見問題ないようにも見えますが、細かい関節の動きに注意が必要でした。 次に大腰筋という筋肉は腰・骨盤・股関節に関わる非常に大切な筋肉です。しかし身体の奥にあるため触診がとても難しい筋肉の1つです。ストレッチでは緩まないタイプで、まずは硬結というかたまりを緩める必要がありました。この2点の施術のみで股関節の痛みはなくなりました。 ある程度の年齢になると、身体の関節は変形を起こします。変形=症状ではありませんが、この変形が原因となっている場合はなかなか症状が取れなかったり再発しやすかったりします。後ほど伺うと、いつもは良く散歩をするのに発症前に座る時間が長かったとの事でした。この方の場合は、変形はあまり関わっていなかったケースだと考えられます。座った姿勢は股関節を後ろに反らせにくくするので、長く座りすぎないようアドバイスしました。それ以降3カ月たちますが、再発はありません。 股関節痛でカイロプラクティックや整体をお探しの方は、新宿西口駅徒歩3分にあるリガーレαカイロプラクティック新宿へお気軽にご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら