メニュー
ご予約
地図

20才女子 ずっと座っていると右股関節に違和感

ずっと座っていると右股関節に違和感を感じる。デスクワークをしており、痛いわけではないのだが、気になって動かしたり脚を組みたくなる。段々気になることが多くなってきたため、リガーレ・カイロプラクティック新宿に来院した。

初回の状態

左の股関節の可動域制限があり、太ももの内側、股関節の筋肉に痛みと過度の緊張がみられました。 腹部に痛みはみられないがいくつかの筋肉の弱化がみられたます。

施術後の変化

背骨(腰椎・仙腸関節)の矯正を行い腰椎に対しては関節に柔軟性をつける施術を行いました。 過度に緊張している筋肉に対して緩和操作を行った。 右の仙腸関節が動きがありすぎるため、施術後骨盤ベルトで固定。

施術計画

下腹部の痛みをこの1週間感じない。背骨の矯正と、股関節に動きをつける施術、 また筋肉の過度の緊張に対して緩和操作を行った。 3回目施術(1週間後)では、背骨の矯正、筋肉の緩和操作、股関節の施術にくわえ、体操をもちいて、積極的に関節を動かした。ストレッチをとにかく頻繁に普段もとりいれるようアドバイスをした。

担当者からのコメント

運動が苦手で若い時から体育などは苦痛だったそうで、最近もとくに運動などはしておらず家事をする毎日だったそうです。家事はお料理、お掃除など、同じ姿勢で立ったり腰をかがめたりと意外に筋肉にかかる負担は大きくなっています。20代や30代の時とは身体の柔軟性に変化が出てきており、今までと同じように身体を使っているつもりでも、筋肉にかかる負担はそれまでの積み重なってきた不良姿勢も含め、いろいろな部位に症状をひきおこします。今回は股関節に関わる筋肉が内臓痛ととらえられていたようです。 まずは土台である背骨・骨盤を整え、簡単な関節の体操・ストレッチなどアドバイスしました。4度の施術を終えましたが腹部の痛みは全くないようです。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら