メニュー
ご予約
地図

産後2ヶ月、赤ちゃんを抱き上げるときに腰が痛む(30代女性)

産後1ヶ月すぎたころから、腰に違和感を感じるようになってきてベビーベッドから子供を抱き上げようとしたときにズキンと腰に痛みが走りまいました。
その後、中腰姿勢になると同様の痛みが生じてしまい抱き上げるときにも痛みがあったため辛い状態が続いていました。
出産は陣痛が始まってから18時間ほどかかってしまい、生まれた子供も4000gほどで大きくて、骨盤もかなり開いたのではないかと感じるのではないかと悩まれていました。

初回の状態

前屈姿勢で腰につよく痛みがでました。 体を右に捻る動作でも痛みはでてしまい椅子からの立ち上がり時に痛みが見られました。

施術後の変化

1回目の施術では、捻る動作で痛みが生じていたため、矯正を行わずに筋肉の調整のみ行っていきました。 抱き上げ方や立ち上がり方などを教えていき痛みが出ないよう過ごしていくよう指導をしました。 3日後に2回目の施術をして、前屈での痛みがなくなっていたが捻りでの痛みが残っていました。 骨盤の矯正を行い、捻る動作での痛みは消失しました。 5日後に3回目の施術、捻りでの痛みは若干残っていましたが、ほかの動作での痛みはなくなっていました。 7日後に4回目の施術、3回目の施術の4日後に子供を抱き上げるときにまた腰を痛めてしまいました。 来院時よりはひどい状態にはなっていなかったため、1回の調整で痛みは軽減していきました。 7日後5回目の施術ではかなり良好でした。筋力が低下していたことで、何度もぎっくり腰のような症状を繰り返していたと考えられたため、簡単なエクササイズを教えました。 その後、施術間隔を少しずつあけていき症状を安定させていきました。

施術計画

担当者からのコメント

この方はもともと産後骨盤ベルトをしていたみたいですが、夏で蒸れてしまうために2週間ほどで外してしまってしまいました。 4000g越えの子供を産んだということと、出産で18時間も格闘したことで、かなり骨盤は開いてしまい閉じにくくなっていたのではないかと考えました。 そうした場合、少なくても2ヶ月間は骨盤ベルトをつけないと安定していかなく、また長い妊娠生活と出産により、体力も消耗して筋力も落ちていっていました。 骨盤の開きがすぐ戻ってきたが、体力がなかなか回復に向かわなく急激な体の変化に対応できなくなってしまうと、ぎっくり腰などの症状を起こしやすくしてしまうことは多く見受けられました。 産後の骨盤の不安定感でお悩みの方は、まずはリガーレαカイロプラクティック新宿にご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら