メニュー
ご予約
地図
産後骨盤矯正の効果・症例一覧

産後2ヶ月から体の傾きによる腰の張りと歩きにくさ (30代女性)

来院の2ヶ月前に自然分娩にて出産されました。
産後は座っていると左側に傾くような感覚を2週間前から自覚してきていて、姿勢の歪みからか、腰の張りを伴い歩きにくいことが度々ありました。
早めに不安材料はなくしたいのもあり託児付きで治療してくださるところをインターネットで調べて通院もしやすいリガーレαカイロプラクティック新宿に来院されました。

初回の状態

特に骨盤の傾きが強くて、腰椎が弯曲していました。 左の足がゆがみの影響で1㎝程、短くなっていて、右の内転筋、右膝内側面が張っていました。 時々右膝の内側にも痛みが出ていました。

施術後の変化

骨盤の歪みを取るように調整すると、左右での足の長さの違い等のバランスは直ぐに改善の傾向がみられました。 初回施術の1週間後に再度施術をしていきましたが骨盤の歪みが再発していて筋力低下から修正後の改善姿勢をキープすることが苦手になっていました。 再度、ストレッチとトレーニングをセルフケアとして指導していきました。 歪みも軽減してきていて、歩きにくい感じはなくなってきていました。現在、自覚症状はなく骨盤や体幹の歪み改善を継続中でもともとあった肩こりなどの悩みと一緒にメンテナンス治療に切り替えました。

施術計画

担当者からのコメント

腰椎の骨盤の傾きが強くて、体幹のバランスが崩れていました。 この崩れた状態を脳が覚えてしまい筋肉と関節の機能異常を起こしていました。不良姿勢が身体の記憶として残ると、正しい使い方への再教育に時間が必要になることがありました。 また、産後のお母さんは骨盤の歪みと緩んだ状態が混在していることが多くあり、この方のように混在型は単純に運動やトレーニングを頑張っても症状の改善しないケースが多く見られ 産後の症状でお悩みの方は一度、ご相談しにいらしてください。 リガーレαカイロプラクティック新宿では、託児も受け付けているので産後のお母さんも気兼ねなく通院が可能かと思われます。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら