メニュー
ご予約
地図

産後の恥骨痛 専業主婦38才の愛美さん( 渋谷区千駄ヶ谷在住)

3か月前に第一子を出産し、退院してからすぐに恥骨部に違和感、たまに痛みを感じていました。

骨盤が緩んでいるためになっていると思いトコちゃんベルトをすると多少楽になるが、ベルトを外すと痛いままの状態でした。

それが1か月前からベルトをしていても痛むようになり、今は歩く・立つ・座るという日常動作の度に痛むので、家事・育児がとても辛いです。

久しぶりに外出してママ友に会った時にその話をすると、そのママ友が長く通っているリガーレαカイロプラクティック新宿を紹介され来院しました。

初回の状態

歩く、座る、立つなどの動作の節々で痛みがあり、ぎこちない動きをされていました。 体幹の可動範囲には問題なく、股関節を動かしたときに痛みがありました。 腰と骨盤の間の関節(腰仙関節)と股関節の動きの制限と、左の骨盤の不安定性が見られました。 恥骨の上側と下側を抑えると痛みがありました。

施術後の変化

骨盤部から背骨全体の調整を行い、バランスが整った状態でこれまで恥骨に痛みを引き起こしていた内転筋群と腸腰筋の問題を取ってあげると、 立つ、座る動作のぎこちなさがなくなり、しなやかに動けるようになり、恥骨の痛みも大幅に改善されました。

施術計画

4週間で5回の施術をし、症状の8割が改善されました。現在は4週間に1度のペースで来院してカイロプラクティックを受け、体調管理をされています。

担当者からのコメント

恥骨部の痛みにはいくつか鑑別すべきものがありますが、この方は恥骨結合に骨盤の歪みにより位置がずれ、負担が強くかかったために起こってしまったケースでした。 歪みのある状態でベルトをまくと、歪んだまま関節が固定されるので決して望ましくはありません。その状態で毎日を過ごせば、恥骨部への負担は蓄積され、結果として回復しない痛みとなります。 およそ6〜8週間ほどかかると考えていましたが、適切に施術できたこととアドバイスをしっかり守ってくれたことが、4週間という比較的早い段階での改善につながりました。今では元気に家事と育児に奮闘されています。 3ヶ月続く産後の恥骨の痛みを訴えて来院した30代女性が5回の施術で改善されました。 産後の恥骨の痛みでカイロプラクティック・整体をお探しの方は、新宿西口駅徒歩3分、託児OKなリガーレαカイロプラクティック新宿へ。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら