メニュー
ご予約
地図

産後5ヶ月。腰の痛みで抱っこすることがつらい(20代女性)

2ヶ月前くらいから腰の痛みが気になり始めました。痛みは腰の付け根からお尻にかけてあって、抱っこしていたり仰向けで寝ていたり、起き上がるときなどにじーんと鈍痛のような痛みを感じることがありました。産後一ヶ月は骨盤ベルトを使っていました。そのほかに、肩こりや膝の痛みなども気になるとのことでしった。妊娠前と体型が変わってしまったこともあり、骨盤矯正できるところをネットで探してリガーレαカイロプラクティックへ来院されました。

初回の状態

骨盤と腰椎の境目あたりから、臀部にかけて痛みがあり、腰を反らすような動作をする時に痛みが強く出ました。 抱っこをしている時も常につらい痛みがあり、肩こりは慢性的にあり、最近では頭痛も出てきたそうです。 軽度の膠原病を持っており、その影響で膝や肘などに痛みがでることがあるとのことでした。

施術後の変化

膠原病があるというお話でしたので、関節の矯正は最低限に抑え筋肉中心の施術を行っていきました。 初回は腰一箇所のみに矯正を行っていき、筋肉のバランスを整えていきました。治療後は腰を反らしたときの痛みが軽減して、仰向けでも痛みがない状態になりました。お尻の筋肉のストレッチを教えて、やってもらうように指示しました。 4回の施術で腰の痛みは半分以下にまでなり、7回目来院時には調子もよく、少し間隔を空けて経過を見ていくことにしました。 それ以降は3週前後でのメンテナンスに移行しました。

施術計画

担当者からのコメント

骨盤と腰椎の境目あたりが反り返ってて、負担がかかっているために起こっている痛みでした。さらにお尻の筋肉が固まっていて、骨盤が外側に開いているような状態で変位していました。 これらの変位は、産後の骨盤が閉まりきっていないことと、抱っこのときの姿勢によって起こったものと思いました。抱っこをしているときに腰が反り返るようになってしまうため、腰の反り返りが強調されるようになって痛みを起こしていました。 膠原病もあるというお話だったので、最初は関節への矯正をあまり行わずに様子を見ながら治療を行いました。膠原病の場合、関節炎が起こっていること が多く、その場合だと関節の矯正を行うと痛みが強くなる場合がありました。この方は最初軽めに矯正を行い様子を見たのですが、特に痛みが強くなるということがなかった ので徐々に調整部位を増やしていくようにしたため、普通よりは症状が落ち着くまでに少々時間がかかってしまいました。 日に日に子供が大きくなっていくので抱っこでの負担も大きくなっていきますが、骨盤が安定してくると負担にも耐えられるようになっていきました。また自宅でもストレッチをすることで痛みを予防できますので、産後の腰痛でお悩みの方は是非ご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら